大ナゴヤ大学 
明日は雀おどり總本店 「カキ氷の会」ですね。
明日は、雀おどり總本店さんで、「カキ氷の会」が行われますね。

6月13日のオープンキャンパスでういろうの授業を受けた生徒さんより
「ういろうの受講者で集まりたい」という投げかけに、それなら夏らしい
別テーマでという形で代表の古橋さんが企画されました。

【雀おどりカキ氷の会】
http://chunsuke.exblog.jp/11958866/

既に、申し込み受付は終了し、申し込み者でいっぱいだそうです。

授業は企画がトントン拍子で進みました。

授業コーディネーターの佐藤さんのアイデアに加え、谷さんの
テイストも入れて、そして【和菓子屋】として、単に雀おどりさん
だけでなく、他の同業界の方達にも投げかけていただいて・・・。

あのような素晴らしい授業が実施されました。

http://chunsuke.exblog.jp/11748285/

オープンキャンパスが終わり日を改めて訪問し、感謝を申し上げたところ、
下記ブログにも書かれている古橋さんより、授業の打診に対し、
【やろう!】と決意した経緯についてお聞きすることができました。

http://chunsuke.exblog.jp/11748579/

和菓子屋として、ういろう屋として、ナゴヤの名物としてあぐらを
かかずに頑張ろうという発奮材料があったのだという事でした。

明日は、大ナゴヤ大学や日頃の雀おどりさんの営みの中で実現する
【新しいつながり】です。

私はラジオで最初の方に顔を出させていただくのみとなってしまいますが、
大ナゴヤ大学の授業コーディネーターのメンバーも多数参加しますので
ぜひお声をかけて下さいね。

「名古屋名物なんだから。ちょっと、安心しとるんでにゃーかあ?

 あぐらかいとったらいかんぞ、立ちあがらな!」

「名古屋名物 大ナゴヤ大学」には程遠いですが、はい、頑張ります!
| イベント | 21:50 | - | -
8月8日の夏まつり企画 参加状況
8月8日の夏まつり企画ですが、現在、学生登録いただいている方の
1割5分近くの方より申し込みをいただいています。

現在60名近い申し込みをいただいていて、これからも順調に
推移していくだろうと思われます。

正直なところ、この申し込み率の高さに当初驚きを感じました。

期待をいただいているという事が、非常に良く伝わってきます。

http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/detail/7

ゲストのコマソンシンガーの横井さんには、当日発売される
DOARA音頭も、会場でできる範囲で歌っていただく事になりそうです。

ナゴヤでお馴染のCMのソングも500曲以上、沢山ある方なので、
皆さんも親しみを持って楽しめるのではないか、と感じています。

週末に、ボランティアスタッフを中心としたミーティングもある
そうなので、最後の確認作業など、楽しみながら頑張ってもらいたいと
思います。

皆さんも、ぜひご参加下さい!
| イベント | 17:33 | - | -
夏至の日のキャンドルナイト企画「お米のお話会」iNペネロープ・パリ・ペティヨン
こんにちは、原田さとみです。

今日21日(日)は夏至の日、1年で一番日が長い日です。
今日は、全国で同時に開催されます
「100万人のキャンドルナイト」の日。

21日の夜8時〜10時、いっせいに電気を消して、キャンドルの
明かりだけで静かに時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

電気を消してみると・・今まで見えていなかった素敵な何かに
気づくかも・・・。

キャンドルの優しい光の中で思い思いの時間を過ごします。

私たち「ペネロープ・パリ・ペティヨン」でもそんなキャンドルライトの
中で、イベントを開催します。

”夏至の日のキャンドルナイト/野田農園の野田さんによる
「お米のお話会」”を開催します。

日時は、21日(日)夜20時〜21時、

場所は、ペネロープ・パリ・ペティヨン http://www.penelopepp.com/

参加無料。

現在ペネロープの店内で開催中の造形作家・米山和子さんと
名古屋ファッション専門学校の23名の学生さんたちによって
表現されたインスタレーション「こめのゆめ」の中で開催します。

しずくのようにきらめくお米の連なりのインスタレーションの中、
悠久の時を感じながら・・・、

この地域で最も古くから代々お米作りに携わってこられた野田農園の
野田さんにお越しいただき、歴史あるお米作りのお話や自然の中に
田んぼがあることの重要性などたっぷりと、
私たちにとって大切なお米についてのお話をお伺います。

現代に生きる私たちが、大切なことを見失わないよう・・・
メッセージいただけるのではないでしょうか。

食や環境が改めて見直されている今、アートの世界からお米を
感じ考えるきっかけにと開催している「こめのゆめ」展に
ふさわしいお話会となりそうです。

当日は野田農園のおいしい採りたて有機トマトもあります。

ご予約の必要はございません。

お気軽にふらりとお寄りください。お待ちしてます!

お問い合わせは、

ペネロープ・パリ・ペティヨン
052−238−5502

大ナゴヤ大学副学長
原田さとみ
| イベント | 10:28 | - | -





goodia





CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES