大ナゴヤ大学 
大ナゴヤ大学単体の事業報告

 

NPO法人大ナゴヤ・ユニバーシティー・ネットワークは、自主事業である大ナゴヤ大学の運営に加えて、受託事業などを受けながら運営しています。色々な事業を運営しながら、大ナゴヤ大学の活動に対して寄付もいただいているので、少しわかりにくい部分もあるなと感じています。

 

一昨年度より、自主事業である大ナゴヤ大学は、サポーターの皆さんからの寄付と生徒の皆さんからいだたく参加費で成り立つ仕組みをつくることを目指して取り組んできました。改めて、受託事業や協賛企画などを除いて、自主事業である大ナゴヤ大学単体の収支を算出しました。(全体は、900万円程の事業規模)

 

収入:1.377,025円(授業料:696,194円、寄付:680,831円)

支出:1,254,728円(事業費:570,823円、管理費:683,905円)

=============

収益: 122,297円

 

管理費の多くはサーバー管理費・電話代などの固定費で、その部分をサポーターの皆さんに支えていただけているのは本当にありがたいです。一方で事務局人件費の未計上、HPのスマホ対応、人材育成費など、まだまだお金も必要な部分があります。スマホ対応などのシステムや人への投資をするためには、きちんと収益を上げていかないといけない。

 

大ナゴヤ大学の活動は、地域課題を解決していくわけではなく、参加した皆さんが授業を通じて気づきや新しい何かを出会える機会(場)をつくり続けていくことが大切だと思っています。引続き一緒に大ナゴヤ大学の活動を育てていったもらえると嬉しいです。

 

また、毎年開催しております大ナゴヤ大学の活動報告会ですが、今年は6月24日(土)に開催するオープンキャンパス内で開催します。募集ページなどを現在製作中ですので、お待ちください。

 

【今後の授業などの予定】

6月10日(土)

心がつつしむ写経の時間 〜大須のお寺で写経体験〜

 

6月24日(土)

踊る!みなと祭り2017〜浴衣を着て、みんなで盆踊り〜

・オープンキャンパス2017(予定)

 

 

大ナゴヤ大学では、なるべく多くの方に気軽に参加して
いただけるように参加費を設定しています。
そのかわりに多くの運営メンバー(ボラスタさん)や
サポーターの方に支えられて運営されています。
サポーター(寄付会員)は随時募集しております。
タイミングがいい時に!
 

 

 

 

| サポーターPROJECT | 16:09 | comments(0) | -
2016年度活動報告【大ナゴヤ大学】

 

2016年度の活動を終えることができ、無事に2017年度を迎えることができました!

まずは、2016年度を数字でフリカエリます。

 

・授業数:37コマ
・延参加者数:547名
・授業コーディネーター:16名(1コマ以上授業をつくった人数)
・運営スタッフ数(ボラスタさん):81名(述人数)
・個人サポーター:71名
・法人サポーター:1社(三井不動産さん)

 

サポーターの皆さんに対して資金の使い方など報告が遅れており申し訳ございません。まとめておりますのでお待ちください。

 

昨年度から、サポーターの皆さんに、継続寄付というカタチで応援していただいたおかげで、サーバー代金、電話料金、各種システム利用料など固定費をまかなうことができ、大ナゴヤ大学の安定した運営に向けて前進することができました。本当に、ありがとうございます。

 

述べ547名の生徒さんに授業にご参加いただけました。生徒の皆さんやこのまちにとって、価値のある授業をこれからも開催して参ります。

 

運営面では、本当にたくさんのメンバーに支えられながら、事故もなく終えることができました。述べ81名のメンバーが授業運営に関わり、7名の新しい授業コーディネーターが誕生しました。皆さん、他に仕事をしながらの関わりですが、それでもここまでの規模でやれているのは、一人一人の自主性のおかげだと感じています。いつもありがとうございます。

 

そんな、大ナゴヤ大学ですが2017年度は、組織の体制、運営方針など色々と変化させていきます。

 

私たちの活動(授業)を通じて、このまちを面白がる人、このまちに愛着を持つ人・好きになる人、好きなことに出会い行動を起こす人は確実に増えています。しかしながら、増やすことが目的かと言われると何か違うように思うようになりました。もちろん増えたら嬉しいですが、人の気持ちなので強制はしたくありません。

 

では、何ができるのかと考えた時に、そうなるような機会を授業を通して提供し続けることはできると考えました。活動を永続的に継続できるようにするには、どうしたらいいのか。6月に向けて、大ナゴヤ大学のメンバーと知恵を出し合い、具体的な方針を決めていければと考えております。

 

それでは、2017年度も大ナゴヤ大学を宜しくお願いします。

 

大野

| - | 15:50 | comments(0) | -
【NGOで働くとは?】大ナゴヤ大学×かものはしプロジェクト


”こどもが売られない世界はつくる”かものはしプロジェクトさんとのコラボ企画。

今回で5回目の開催となります。

 

毎年、企画を担当するメンバーを代えながら実施しています。
過去の開催は、こんな感じです。

 

〇第1回
困難を乗り越える力を学ぼう
〜1人の女子大生が立ち上げた世界を変えたプロジェクト〜

開催日時:2013年03月01日(金) 18時30分 〜 20時00分 
教室:名古屋ダイヤビル2号館 4階 241号室
先生: 村田 早耶香 / 認定NPO法人かものはしプロジェクト 共同代表


〇第2回
「子どもが売られない世界をつくる」第二弾!
開催日時:2014年02月10日(月) 18時30分 〜 20時00分 
教室:名古屋ダイヤビル2号館 4階 241号室
先生: 村田 早耶香 / 認定NPO法人かものはしプロジェクト 共同代表


〇第3回
ソーシャルビジネス×はたらく。 
〜寄付金調達額1億円超。1人の女子大生が仲間と一緒に世界を変えたプロジェクト〜

開催日:2015年03月15日(日) 13時30分 〜 16時30分 
教室:名古屋テレビ塔 3F会議室
先生: 村田 早耶香 / 認定NPO法人かものはしプロジェクト 共同代表


〇第4回
私にできる国際協力って何?
開催日:2015年12月12日(日) 15時20分 〜 17時00分 
教室:グローカルカフェ
先生:草薙直基 / ファンドレイジング・広報担当

 

大ナゴヤ大学の活動は、まちをテーマにした授業が多いのですが、社会問題をテーマにした講座も大事にしていきたいと考え、続けています。

 

今年のテーマは、「NGOで働くとは?」。

土曜日の午後、おいしいお茶とケーキをいただきながら、国際協力について学びませんか?
是非、ご参加ください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
テーマ:ngoで働くとは?
日時:2016年12月3日(土)15:20〜17:30(受付開始15:00)
場所:ゲストハウスGlocal カフェスペース(名古屋市中村区則武1丁目21ー3)
参加費:一人1000円(ドリンクとケーキのセット込)
募集人数:30人
先生:草薙直基 / ファンドレイジング・広報担当
詳細情報:https://www.facebook.com/events/243549252730945/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 

| イベント情報 | 15:51 | comments(0) | -
やっとかめ大使(ボランティアスタッフ)募集中!(〜9月16日(金)締切)

 

2014年から、『時をめぐり、文化を旅する、まちの祭典”やっとかめ文化祭”』を一緒に盛り上げる”やっとかめ大使”(ボランティアスタッフ)のコーディネートをNPO法人大ナゴヤ・ユニバーシティー・ネットワーク(DNU)が担当。今年も、やっとかめ文化祭を一緒に盛り上げてくれるやっとかめ大使さんを大募集。

名古屋を盛り上げたいと思っている方はもちろん、この街のことをもっと知りたい、まちの素敵なところを一緒に探したい方も大歓迎です!

大使の皆さんの年代は、学生さんから社会人まで様々。約1ヶ月の開催期間中、やっとかめ文化祭を盛り上げげながら仲間との交流も楽しんでいます。昨年も60名以上の大使の皆さんにご協力いただきました。

私達と一緒に楽しみながら、やっとかめ文化祭を盛り上げましょう。応募お待ちしております!

 

▼やっとかめ文化祭 公式ホームページ
http://yattokame.jp/

---------------------------------------------------------

▼「やっとかめ大使」応募フォーム◆◇
https://pro.form-mailer.jp/fms/6febb97553323

---------------------------------------------------------

【応募期間】
2016年8月29日(月)〜9月16日(金) ※選考の上9月21日(水)以降にお知らせします。
 
【応募条件】
1.名古屋のことが大好きな方。名古屋は面白い!と思う方。
2.オリエンテーションに参加できること。(下記日程のどちらか1日※両日とも内容は同じです。)
オリエンテーション日程:9月28日(水)19:00〜21:00 、10月1日(土)10:00〜12:00
場所:名古屋テレビ塔 3階会議室(名古屋市中区錦三丁目6-15先)
3.やっとかめ文化祭開催期間10月29日(土)〜11月20日(日)のうち1日以上参加できること。
4.ボランティア(無償)で参加していただける方。
 

【大使さんの声】
・初めて知ることばかりでとても刺激が多い毎日でした。今まで狂言を見たことがなくても楽しめることに驚き、普段何気なく歩いている場所の歴史を知ることができ、楽しかったです。
・誰よりも私が楽しんでいたと思います!名古屋にはまだまだ魅力がたっぷりあることを知れて、とても嬉しかったです。
・名古屋の新しい顔をみることができ、また知り合いも増えて嬉しかったです。
・名古屋に4年通っていても、知らないことだらけで、やっとかめ文化祭を通して新たな魅力を感じることが出来ました。
・伝統芸能は普段あまり接する機会のない世界でしたが、観ていると楽しいし奥深いし日本文化を誇らしく感じました。

 

 

| スタッフ日記 | 16:32 | comments(0) | -
DNU展 出店者紹介 - 角谷文治郎商店 / 瀬戸本業窯 -
【DNU展 出店者紹介 - 角谷文治郎商店 / 瀬戸本業窯 -】

※DNU展〜どえりゃーなもの売ります店!〜とは?※
今大ナゴヤ圏(=ナゴヤとその周辺地域)で
様々な場所、人、物を授業として取り上げてきた大ナゴヤ大学だから知っている、
魅力溢れるモノを集めたセレクトショップ。
ここでしか手に入らないものもあるので、ぜひ立ち寄ってください♪


◎出店名◎
三州三河みりん 角谷文治郎商店

●出店/出展物紹介

愛知県東部の三河地方は、醸造に適した水と温暖な気候に恵まれ、
200余年の昔から、みりんの醸造が盛んに行われてきました。
現在でも、みりん業者数全国一を誇るみりん造りの本場です。



角谷文次郎商店では、もち米のおいしさを、「醸造」という日本の伝統的な技のみで、
一年以上の時間をかけて丸ごと表に引き出しました。
本来の「みりん」の原料は、もち米、米麹、本格焼酎のみ。
蒸したもち米と米麹を焼酎といっしょに仕込み、搾って、長期間の醸造熟成を経た後に、みりんになります。
まろやかな深い甘みが特長で、飲んでおいしいみりんこそ、調味料にも最適な本物のみりんだと言えるでしょう。

現在では、伝統的製法と工業的製法の2種類の製法がありますが、
角谷文治郎商店の「本格仕込み三州三河みりん」は、伝統的製法を採用。
より自然な栽培方法の原料を使用し、昔ながらの蔵の中で、素材の持ち味を大切に醸しています。

マドンナのプライベートシェフも愛用!
普段のお料理ががらっと変わる「みりん」の力、ぜひ一度感じてみてください。




●当日販売 / 展示するもの
みりん
梅酒


●協力
角谷文治郎商店  角谷 文子 様




◎出店名◎
瀬戸本業窯

●出店/出展物紹介
鎌倉以来の伝統を伝える本業焼き。

本業焼きとは本来から瀬戸に息づいた陶器の手仕事である。
民芸活動の中で柳宗悦、バーナードリーチに見出され、白洲正子に愛された実用食器である。




過去の授業では、先生に窯垣の小径を案内していただいたのち、釉薬かけとろくろの体験もさせて頂きました。
やきもののまちとして生きた街の様子と、その伝統を継承していく職人さんと直に接する貴重な機会となりました。

過去授業ページ→民藝・柳宗悦が愛した「瀬戸本業窯」 800年の歴史散策と作陶体験



●当日販売 / 展示するもの
民藝陶器

●協力
水野半次郎八代目後継予定者 水野雄介様
| 大ナゴヤ大学7周年 | 18:00 | comments(0) | -
DNU展 出店者紹介 - 高香園 / 柴田酒造場 / 坂井海苔店 -
【DNU展 出店者紹介 - 高香園 / 柴田酒造場 / 坂井海苔店 -】

※DNU展〜どえりゃーなもの売ります店!〜とは?※
今大ナゴヤ圏(=ナゴヤとその周辺地域)で
様々な場所、人、物を授業として取り上げてきた大ナゴヤ大学だから知っている、
魅力溢れるモノを集めたセレクトショップ。
ここでしか手に入らないものもあるので、ぜひ立ち寄ってください♪



◎出店名◎
高香園

●出店/出展物紹介

高香園は、古くは江戸時代から茶どころとして知られる豊田市吉原町で、
昭和20年の創業以来、親子三代にわたり、茶の木の自園栽培、製茶、販売を一貫して行っています。



まず土壌をつくり、そこに茶の木を自家栽培し、ひとの手でていねいに手摘みした茶葉を、
園主の技術と経験で香り高いお茶へと仕上ていきます。

お客さまに「また飲みたい」「まいにち飲みたい」と思っていただく。
そこに至るすべてにおいて、力と心を尽くす。

ひとの手で摘まれた茶葉は、飲みくらべるとやはりそれと分かるほど、旨味と香りが違います。

過去の授業では 、お茶摘みを実際に行った後、生の茶葉がどのように加工されているかを見学させて頂きました。
旨味の凝縮した高香園さんのお茶とそれを作る側の情熱を知り、お茶に対する価値観が変わりました。


過去授業ページ→新緑の季節にお茶摘み体験 〜愛知県最高位の園主にお茶をまなぼう〜



●当日販売 / 展示するもの
深蒸し茶
抹茶入り深蒸し茶
グリーンティー
茶めしの素
フィナンシェ
●協力
野場 義尊(高香園3代目園主)様



◎出店名◎
柴田酒造場

●出店/出展物紹介

1830年に今の位置に酒蔵を構え、この冬で182回目の酒造りを迎える老舗の酒造場。



自然豊かな抜群の環境と清冽な井戸水を仕込水に、
厳選された米を原料に醸し出されたお酒はまろやかな飲み飽きしない酒質です。

仕込み水が全国的にも珍しい硬度0.24と極めて軟水であることも、
やわらかな口当たりの酒に由来しています。


過去の授業では、ホームステイをしながら、
普段は見ることができない酒蔵を見学させて頂いたり、ラベルを貼った瓶の箱詰め、ゆずの収穫、干し柿づくりなどを体験しました。

過去授業ページ→しもやま里山ホームステイ 〜憧れの田舎暮らし1泊2日〜



●当日販売 / 展示するもの

甘酒
日本酒ゼリー
マドレーヌ


●協力
八代目当主  柴田 秀和様



◎出店名◎
坂井海苔店

●出店/出展物紹介

伊勢湾内で生産されている愛知県漁連(知多半島、三河湾)、三重県漁連(桑名から鳥羽まで)の海苔を中心に取り扱っています。
また、東海三県(愛知、岐阜、三重)の外食店様(寿司用、おにぎり用、ひつまぶし用など)に海苔を中心とした乾物の卸業もしています。



過去の授業では、海苔ができるまでの工程の見学や、いりこ・鰹節・昆布の出汁を飲み比べ、産地の異なる三種類の海苔の食べ比べを行い、
日本の伝統である和食文化を見直す一日となりました。

過去授業ページ→乾物から始まる和食文化



●協力
坂井海苔店 坂井 宏様
| 大ナゴヤ大学7周年 | 18:00 | comments(0) | -
DNU展 出店者紹介 - たまご屋あさひ / 中定商店-

【DNU展 出店者紹介 - たまご屋あさひ / 中定商店-】

※DNU展〜どえりゃーなもの売ります店!〜とは?※
今大ナゴヤ圏(=ナゴヤとその周辺地域)で
様々な場所、人、物を授業として取り上げてきた大ナゴヤ大学だから知っている、
魅力溢れるモノを集めたセレクトショップ。
ここでしか手に入らないものもあるので、ぜひ立ち寄ってください♪


◎出店名◎

たまご屋あさひ

●出店/出展物紹介

永年養鶏にたずさわり、本物のたまごをつくりたい一念で独立し、
試行錯誤を繰り返し、辿りついたのは基本中の基本「健康な鶏からおいしいたまごができる」こと。
昔ながらのやり方に現代の知恵をいいとこ取りしてこの「ごほうびたまご」ができました。

手間暇を惜しまずに鶏にとって理想的な環境を整備し、運動量を高め、飼料にも国産米を多く配合しました。
特に「たまごかけごはん」で食べていただきたい”スペシャルなたまご”です。



皆さんの「おいしい〜!」が聞きたくて今日も鶏達と楽しく過ごしています。
ちょっぴり高いたまごになりましたが、その価値はあると自負しています。

日常の生活シーンの中で、ちょっとしたお祝いやプレゼントとして、また自分へのご褒美としてもいいでしょう。
そんなシーンにぜひご活用くださいませ。


過去の授業では、にわとりたちの食べ物を実際に見せてもらったり、
元気なにわとりをだっこさせてもらった後、
皆で持ち寄った"卵かけご飯のお供"と一緒にたまごを頂きました。とっても美味しかったです!

過去授業ページ→絶品T.K.G.あり?〜美味しいたまごに込められた想い〜




●当日販売 / 展示するもの
ごほうびたまご 6?個パック



◎出店名◎
中定商店

●出店/出展物紹介

愛知県の知多半島のほぼ中央部にある武豊町は、温暖な気候と良質な水に恵まれ、
また、明治19年に鉄道の武豊線、明治32年に外国貿易港として武豊港が開港し、
製品や原材料の輸送が容易になり、味噌やたまりの一大生産地となりました。

中定商店も明治12年の創業以来136年味噌、たまり醤油の醸造一筋に、その伝統を受け継ぎ、
また多くのお客様のご愛顧を頂き、今日に至っております。

愛知県産の大粒大豆と自然塩を使用し、創業以来の昔ながらの製法で3年間じっくり熟成させた豆味噌や、
杉の大桶で天然醸造した味噌から自然にしみ出た汁を桶の底から引いた生引(きびき)たまり醤油など、
あらゆる料理にまろやかなこくと旨みが加わります。

過去の授業では、みそ蔵の見学や大桶の上から中を覗かせてもらいました。
熟成期間が2年と3年の豆味噌で作った味噌汁と、つけ味噌を食べながら
「あなたは豆味噌プロモーター」をテーマに、味噌の可能性についてワークショップを行い、
味噌の奥深さを感じる1日となりました。


過去授業ページ→創業135年の豆味噌を知る
〜醗酵&醸造文化が根付く知多半島 Vol.2〜





●当日販売 / 展示するもの
六つ蔵せんべい
われせんべい
たまりクッキー
たまり醤油

| 大ナゴヤ大学7周年 | 18:15 | comments(0) | -





goodia





CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES