大ナゴヤ大学 
DNU展 出店者紹介 - 料亭 河文 / TOKONAME STORE-

【DNU展 出店者紹介 - 料亭 河文 / TOKONAME STORE-】

※DNU展〜どえりゃーなもの売ります店!〜とは?※
今大ナゴヤ圏(=ナゴヤとその周辺地域)で
様々な場所、人、物を授業として取り上げてきた大ナゴヤ大学だから知っている、
魅力溢れるモノを集めたセレクトショップ。
ここでしか手に入らないものもあるので、ぜひ立ち寄ってください♪


◎出店名◎
料亭 河文

●出店/出展物紹介
約400年前、名古屋城築城とともに暖簾を掲げた料亭・河文。
初代河内屋文左衛門の食材の目利きが惚れ込まれ、
尾張徳川家御用達の御馳走処として名を馳せました。

明治時代以降は、伊藤博文や吉田茂、田中角栄などの歴代の首相やミッテラン元仏大統領など、
国内外の時代の要人を迎えた迎賓館としても利用され、
いまでも伊藤博文の書が掛け軸として残されています。

登録有形文化財の指定を受ける建物で、名古屋最古の料亭という歴史と伝統、
尾張徳川家御用達の誇りと格式を受け継ぎながら、その歴史を今も刻み続けています。



大ナゴヤ大学では昨年の12月末に、
普段は見ることができない料亭の中の見学と、お正月に飾る「もち花」をつくる授業を実施しました。
過去の授業はこちら
年の歴史を誇る老舗料亭“河文”の暖簾をくぐる〜雅な世界で餅花づくり体験〜





●当日販売 / 展示するもの
オリジナルの日本酒(ミニボトル)




◎出店名◎
TOKONAME STORE

●出店/出展物紹介
TOKONAMEは、常滑焼の伝統を更新するチャレンジです。
常滑焼急須に代表される、茶器を作るために蓄積された多様な技術、素材を活かしながらも、
日本茶に用途を限定せず、ティーポットを中心としたティーファミリーを作りました。

TOKONAMEは、より多くの人に毎日使ってもらえるよう、効率よく安定した生産ができる石膏型を用いた作り方を選びました。
しかし型をとったものをそのまま焼くのではなく、職人の手による繊細な工程を経て完成します。
その工程こそが、常滑焼急須の真髄です。

クラフト風にするための味付けではなく、
使い勝手を主とした良質なプロダクト(量産品)を作るために、
常滑の急須職人がこだわってきた、無くてはならない工程です。




TOKONAMEの器は、新しく調合した土を用いています。
昔から常滑で急須や湯のみに使われている様々な土の中から、白泥と呼ばれる白い土を選び、
基となる白泥を新しく調合し、顔料を入れて多彩な色の土を作りました。
釉薬をかけずに、高温で焼き締めているため、きめの細かな土肌そのままを感じることができます。

今回はそんなTOKONAMEの器を販売します。

大ナゴヤ大学では、そんなTOKONAMEの器ができる工程を見学させていただく授業を開催しました。
過去の授業はこちら
伝統を更新するチャレンジ!〜“TOKONAME”がつくられるまで〜





●当日販売 / 展示するもの
TOKONAMEブランドのカップなど(予定)

| 大ナゴヤ大学7周年 | 18:00 | comments(0) | -
7周年企画「1日限りのリアルキャンパス出現!〜テレビ塔がみんなの大学に〜」

 

「ナゴヤの魅力が詰まった1日だけのキャンパス」
7年分の研究成果。ナゴヤの面白いヒト・コト・モノをテレビ塔に詰め込みます。

 

大ナゴヤ大学は、「街中がキャンパス。誰でも先生、誰でも生徒」をコンセプトに、 
7年間でたくさんの大ナゴヤ圏の魅力を発見してきました。

 

そんな大ナゴヤ大学に本物のキャンパスがあったらどんな大学になるのだろう?
ということで、7周年を記念して1日限りの「リアルキャンパス」を開校します!


授業、サークル活動、購買、キャリア支援室など大学らしいカタチで、
ナゴヤの魅力をテレビ塔に凝縮します。

 

当日、仲間と一緒に授業を受けたり、キャンパス内を巡ったり、昼ご飯を食べたり・・・・
授業を超えた交流も生まれるかもしれません。

 

誰でも入れて、誰でも楽しめる、みんなのキャンパスです。
ぜひ、ナゴヤの魅力的なヒト・コト・モノに出会えるキャンパスライフを過ごしませんか?

 

 

開催日時:2016年9月10日(土)10:00〜18:00

テレビ塔キャンパス:名古屋テレビ塔 3F会議室

         (名古屋市中区錦3-6-15先)

企画内容:

【授業 @テレビ塔】事前申込


 

スケジュール
10:30〜12:00 1限目:少女漫画偏愛論2「かわいい」は世界を救う?
13:30〜15:00 2限目:カメラ視点学 〜身近な日常を別世界に変える方法〜
16:00〜17:30 3限目:魅力のない街?【名古屋】について考える。 〜ナゴヤ学〜
 

【フィールドワーク】※事前申込


 

スケジュール
10:20〜12:30 ようこそ”はじめてのお茶室”へ〜茶の湯から日本文化を辿る時間(タビ)〜(名古屋城)
12:00〜14:45 そうぞう室アートアラウンド「愛知トリエンナーレ長者町会場」(長者町)
13:50〜16:00 ようこそ”はじめてのお茶室”へ〜茶の湯から日本文化を辿る時間(タビ)〜(名古屋城)

 

【サークル活動 @テレビ塔】※事前申込不要(テレビ塔で当日受付)

スケジュール

12:30〜13:30 生物部の庭で遊ぼう
大ナゴヤのゼミ活動「地球の生物部」の庭まで、学長と一緒に遊びに行きませんか。庭で苗を植えたり、お花を摘んだり・・・庭で遊びませんか?

15:00〜15:30 裏・テレビ塔ツアー
社員がテレビ塔を案内してくれます。地下室などの普段入れない場所に行ったり、裏話を聞いたりすることができます。

 

【特別企画 @テレビ塔】※常設してます!いつでもフラッとお越しください。

▼しごとバー@名古屋(大ナゴヤ大学 はたらく課

しごとバーは、いろいろな分野で働いている人をバーテンダーとしてお招きして、気軽にお酒を飲みながら話をする場所。気になるバーテンダーとそのシフトは以下の通り。


1.10:30〜11:30 柴田酒造場 蔵人 萩原紘子さん
2.12:00〜13:00 元・名古屋市職員、現役女子大学院生 武馬淑恵さん
3.13:30〜14:30 YUI-結- 代表 斎藤貴子さん
4.15:00〜16:00 NPO法人G-net 共同代表理事 南田修司さん

 

 

DNU展(大ナゴヤ大学 そうぞう室)

大ナゴヤ大学ゆかりのお店の商品を展示・販売いたします!

店予定 変更となる場合がございます

三州三河みりん 角谷文治郎商店(碧南市)、瀬戸本業窯(瀬戸市)

河文(名古屋市)、中定商店(武豊市)、坂井海苔店(名古屋市)

高香園(豊田市)、川村屋 賀栄(瀬戸市)、中外陶園(瀬戸市)

TOKONAME STORE(常滑市)、たまご屋あさひ(大府市)

柴田酒造場(岡崎市)、かねと商店(日間賀島)YUI(瀬戸市)

・・・などなど

| 大ナゴヤ大学7周年 | 15:59 | comments(0) | -
9月10日(土)に大ナゴヤ大学は7周年を迎えます!

 

2009年09月12日(土)に開校した大ナゴヤ大学。ナゴヤらしい8コマの授業を開催しました。

 

ナゴヤの謎スポット“覚王山”を歩く 
モノづくりのまちを歩こう第一弾「SHIBORIの世界〜有松鳴海のレトロモダンな街並みをめぐる)〜」
食/原田さとみの”勝手に小倉トースト研究会”
堀川歴史探検隊
B級名古屋発見!コンクリート仏像見学ツアー
名駅ビル群の近くで発見!のんびり下町「円頓寺界隈」の魅力をつまみ食い
雑草を愛でる。
街とアートとの出会い(あいちトリエンナーレ2010 長者町プロジェクト2009エリア)

 


1周年となる2010年09月11日(土)には、1周年だから街をぐるっと1周!みんなで挑戦!「名城線リアルすごろく」と題して、名城線でリアルすごろくを実施しました。

 

 

各駅にミッションがあり、それをクリアしたらサイコロをふり次に進みます。この写真は、証拠写真を事務局に送っている風景。

 

 

名城線といえばナゴヤドーム前矢田駅。ミッションは、ドラゴンズファンの方と記念写真を撮ること。

 

 

栄、久屋大通駅も名城線。テレビ塔さんにお邪魔して社長さんと一緒に!

 

 

開校式からもうすぐ7年が経過します。

その間に”まち”や大ナゴヤ大学は、変わったこと、変わっていないこと、どちらもあります。それでも、1つずつトシを刻んできました。

 

さて、7周年となる今回は、どうなるのか!?

7年前は大学生だった(!?)20代メンバーが中心となり、企画をすすめています。

企画内容は、こちらのfacebookのイベントページをご覧下さい!

 

| スタッフ日記 | 14:40 | comments(0) | -
私がサポーターになった理由


昨年度実施した「サポーターPROJECT」。その時にいただいたサポーターの皆さんの声を、大ナゴヤ大学のホームページ内でも見れるようにしました。全文は、こちらのきまぐれ日誌からご覧になれます。

応援する理由も様々。特定の社会課題・地域課題を解決する活動だけなく、価値を創造していく活動でもあるので、様々な分野に興味関心があるメンバーが集まっています。

まだまだ、サポーター募集中です!タイミングのいい時に。
皆で、大ナゴヤ大学をつくっていきましょー!!

 

大ナゴヤ大学では、なるべく多くの方に気軽に参加して
いただけるように参加費を設定しています。
そのかわりに多くの運営メンバー(ボラスタさん)や
サポーターの方に支えられて運営されています。
サポーター(寄付会員)は随時募集しております。
タイミングがいい時に!
 

 

 

| スタッフ日記 | 11:24 | comments(0) | -
大ナゴヤ大学 オープンキャンパスのお知らせ


★タイムスケジュール追記しました(04.24)★
★21日(土)の会場追記しました(05.04)★

2015年で6周年を迎えた大ナゴヤ大学。
「ナゴヤを面白がる人を増やす」を合い言葉に、一年間たくさんの授業を行ってきました。
そんな大ナゴヤ大学を支えているのは、
授業に参加してくれる生徒さん、 
授業のお手伝いをしてくれるボランティアスタッフさん、 
授業自体を企画し運営している授業コーディネーター(通称ボラスタ)さんたちです。
普段は学生や社会人として学校や会社で活躍している人が多いのですが、 みんな本当にタフでユニーク!! 
興味のあることを追求していく人、
「やってみたいことをみんなでやっちゃおう!」という人、
集まってくる人の魅力にとりつかれていつの間にか居る人などなど、
大ナゴヤ大学に関わる理由も様々です。







そんな大ナゴヤ大学ですが、
名前を聞いたことはあっても、実際にどんなことをしている団体か知らないなあ〜
という人もたくさんいると思います。
そこで!6年目にして初の試み"大ナゴヤ大学オープンキャンパス"を行います〜! 

オープンキャンパスでは、大ナゴヤ大学について、分かりやすくて面白い説明を聞けるのはもちろん、ボラスタさんや授業コーディネーターさんとの交流もできちゃいます!
さらに、ななな、なんと!オープンキャンパス参加者さん向けの体験授業も開催予定!
(“体験”と言っても、もちろん普段の授業と変わらないクオリティでお送りいたします!)
詳細は下記の案内でチェックしてください。

「大ナゴヤに興味があったけど、いままで参加する機会がなかった」
「生徒として参加していたけど、ボランティアスタッフもやってみたい」
「っていうか、そもそも大ナゴヤってなに?」
「いま話題の大ナゴヤビルヂングと関係あるの?」
などなど、、、
ご興味ある方は、どんな方もぜひぜひご参加ください。
お友達、恋人、家族とのご参加も大歓迎!!
 短い時間ですが「大ナゴヤ大学ってこういう場所なんだ〜!参加してみたいな!」と思っていただける機会にできればと思います。
奮ってご参加ください!

【大ナゴヤ大学オープンキャンパス詳細】
 第1回 日時 5月11日(水)
 タイムスケジュール
   19:00 受付開始
   19:30 《第1部》大ナゴヤ大学ってどんなところ?
   20:10 《第2部》ボラスタさん、授業コーディネーターさんと交流しよう!
   20:40 終了
 会場 ガスト名古屋栄店 ミーティングルーム
 (愛知県名古屋市中区栄3丁目7−9新鏡栄ビル地下1階※大津通り沿い、ラシック向かい)
 定員30名 ※応募者多数の場合は抽選
※ ドリンクバーと料理一品の注文が必須となります。実費を参加費として各自ご負担いただきます。ご飯を食べながら和気あいあいとお話してください!

    
第2回 日時 5月21日(土)
  13:30 受付開始
  14:00 《第1部》大ナゴヤ大学ってどんなところ?
  14:40 《第2部》授業を体験してみよう!
  17:00 終了
     会場 珈琲エーデルワイス( 〒461-0005 愛知県名古屋市 東区東桜1−10−1)
※ 参加費は1000円程度を予定しております。会場と合わせて決まり次第ご案内いたします。
※第1回に参加された方でも体験授業にご参加頂けます。
定員20名 ※応募者多数の場合は抽選

申込み方法 各回下記の申込みフォームよりご応募ください。
https://docs.google.com/forms/d/1znwBc7kVH_VWVLUyOT98me4cW8L5brz30qU5jPS3d6c/viewform?c=0&w=1

| イベント | 15:03 | comments(0) | -
2015年度のフリカエリをしてみます


2015年度も無事に終える事ができました。
写真は、2015年度の一番最後に開催した「美味しい美濃加茂を、たっぷり召し上がれ。」授業です。バスツアーという新しい取り組みで終われたのがよかったです。

1年を通して、45コマ、773人の生徒さんに授業参加していただけました。学生登録数も、後少しで4,000名を突破!

▼2015年度
年間授業総数:45コマ
のべ授業参加者数:773人
学生登録数:3,997人(2016.3.31現在)

faebook:2427いいね!
twitter:1736
instagram:149

少し2015年度を振り返ってみます。
最初の授業は、はたらく課が毎年開催している「ハタラクデアイvol.03」でした。社会人1年目を終えたメンバーに、等身大で”はたらく”を語ってもらう場です。司会は、2年目のメンバーが担当しています。





名城公園で開催した「宙‐そら‐を歩く 〜スラックライン〜」、ノリタケの森で開催した「遊び心のおもむくままに!みんなで作ろう「大ナゴヤタウン」〜大人も子どもも自由にモノづくり〜」など、アウトドア系の授業も毎年開催しています。





一人だと行けない場所として競艇や競馬場などがあると思います。大ナゴヤ大学では、そんな場所でも授業を開催します。「スピード感と直感と。〜ボートレース、その奥深き世界〜」、「知れば知るほど楽しい!五感で感じる、地方競馬の世界」など。





食に関する授業も毎回人気です。「名古屋の和菓子名店デビュー〜名物ライター大竹さんと和菓子屋めぐり〜」、「漬物再発見 〜香の物の神と、老舗のレシピ〜」、「ブドウ畑でピクニック〜おいしく学ぼう!ブドウのこと〜」などなど。







そして、何より2015年度の動きの中で大きかったことは、サポータープロジェクトを立ち上げたこと。これまでは、企業・自治体等から依頼をいただいて授業を企画して協賛金をいただき、それを事務局費(事務所家賃、サーバー代等の通信費などの固定費)にあてていくモデルで進めてきました。また、参加費について値上げも検討しましたが、誰でも参加できる(小さいお子さん〜大人まで)場でありたいということから、据え置くことにしました。



運営体制も、専属メンバーはおらず、他のプロジェクトを同時に担当していたり、他に仕事をしているので、専属で営業をする体制をととのえることも難しい。そういった状況の中で、寄付というい関わり方もあるということを改めて見直し、皆さんにサポータープロジェクトというカタチでお願しました。

ただこのサポータープロジェクトもはじまったばかり。まだまだ、大ナゴヤ大学が安定して運営できる金額には、届いていません。2016年度も、募集していきますので、こちらも宜しくお願いします。

大ナゴヤ大学は、このブログで紹介した他にも、本当に幅広いジャンルの授業を開催しています。紹介は、また別の機会に。
最後まで、お読み下さりありがとうございました。

 

大ナゴヤ大学では、なるべく多くの方に気軽に参加して
いただけるように参加費を設定しています。
そのかわりに多くのボランティアメンバーやサポーター
の方に支えられて運営されています。
サポーター(寄付会員)は随時募集しております。
タイミングがいい時に!
 

 

 


 
| スタッフ日記 | 16:53 | comments(0) | -
価格を決めることの難しさ


昨年の12月まで実施していた『みんなで達成しようサポーターPROJECT』。
ここでは上記のような大ナゴヤ大学単体の運営にかかるを経費を公開していました。

事務局の人件費はまかないきれていないので、大ナゴヤ大学を運営しているNPO法人
大ナゴヤ・ユニバーシティー・ネットワーク(DNU)として、様々なまちづくりに関わる仕事をしつつ、
空き時間を使い事務局業務をしているのがまだまだ現状です。

大ナゴヤ大学の運営を継続的に続けていくには最低限の固定費はかかってきます。
では、収入はどうなっているのかというと、基本的には、授業料の収入、企業や行政等からの協賛、寄付金があります。
1番大きい収入は、協賛金です。また、開校からしばらくの間、授業料は無料でした。

企業や行政等からの協賛金をいただいて、どんなことをしたいか、伝えたいかといったことをヒアリングして、
授業等に落とし込んでいます。

少し前にブログでも書きましたが、授業を企画するのは授業コーディネーターという役割で、
一人目の生徒としての目線を持ち、自分の楽しい、面白い、多くの方に伝えたい、
知ってもらいたいという純粋な想いを出発点として授業を企画しています。

しかしながら、協賛金をいただく企業や行政等のやりたいこと、伝えたいことと、
授業コーディネーターの興味関心が一致しないことも多々あります。
また、授業コーディネーターの役割のメンバーは、
企画を受けてお金を稼ぐという優先順位が高いわけではないので(他の仕事もしながらの関わりなので)、
無理に引き受けるのも何か違うなという感覚もあります。

協賛を無理にいただかず、関わるメンバーも気持ちよく関われて、継続運営していくために、授業料を有料化しました。
しかし授業料を設定するうえで一つ問題になったのが授業料をいくらにするのか。
企業であれば、コストに利益をのせて価格を決めると思いますが、
大ナゴヤ大学の場合、参加費は高くしたくないという想いが存在していました。

知りたいと思うことを知る、街の魅力を知る、面白い人に会える、
など様々なきっかけをつくっている場で、誰でも参加できるようにしたいという想いがあったため、
参加費を高くすると、だれでも参加できるきかっけの場ではなくなってしまう・・・。
高校生や大学生も参加して、大人と一緒に学んでほしい。

結果として、飲み物代などの実費負担分を除いて、500〜1,000円の参加費をいただくことになり、
現在はその考えで運営しています。

しかしこの考え方だと、運営にかかる固定費は、まかないきれません。
そこで、寄付という方法にいきつきました・・・・。また、たくさんの運営に関わる仲間もいます。
その話は、またどこかで。

正しいか正しくないか、儲かるか儲からないか以外の判断軸。
自分達で考えて決めること、本当に難しい。


 

大ナゴヤ大学では、なるべく多くの方に気軽に参加して
いただけるように参加費を設定しています。
そのかわりに多くのボランティアメンバーやサポーター
の方に支えられて運営されています。
サポーター(寄付会員)は随時募集しております。
タイミングがいい時!
 

 

 


 

 
| スタッフ日記 | 15:49 | comments(0) | -





goodia





CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES