大ナゴヤ大学 
<< ”人が育つことで、まちが変わる”|学びの生態系をつくる。 | main |
”今”を起点に”過去”と”未来”を繋いで、バトンを受け継いでいく。

 

大ナゴヤ大学は、9月で9周年を迎えます。その間に、プロジェクトリーダーである学長が3代目となるなど流動性のある組織です。開校当初のカタチとは、たぶん変わっていると思います。2009年に開校した頃のことを知っているメンバーも少なくなってきました。

 

関わるメンバーの入れ替りなど変化を前提とした活動において、何が大事になっていくのだろうか。

 

そんな問いを立てた時に、”今”を起点に”過去”と”未来”を繋いで、バトンを受け継いでいくことが必要と考え、最近の関わりはじめたメンバーからずっと関わっているメンバーまで幅広く声をかけ「THINK 大ナゴヤ大学」を1日かけて実施しました。

 

 

”みんなにとって、大ナゴヤ大学はどんな場所?”、”授業とは何か?”、”新プロジェクト”などをテーマに対話しました。

 

特に、”授業”については、答えを教える場ではなく、捉え方は生徒さん側に委ね、考えるきっかけの場である、すぐに役に立つこともあるが何かを選択する状況が後に訪れた時に、授業などで得た情報が役に立つこともあるなど、時代とともに扱うテーマは変わっていくけれど、変わってはいけない本質部分をしっかり話せたように思います。

 

また、関わるメンバーが一度に集まる機会は少ないので初対面も多く、流動性のある組織だからこそ時間軸を超えた繋がりや横の繋がりをつくっていくことも必要ですね。

 

 

大ナゴヤ大学の活動は、表面には授業というアウトプットが見えますが、その後ろ側では、このように運営に関わるメンバーがフラットに大ナゴヤ大学の活動について考え、行動していく場をつくっています。

 

活動そのものがコミュニティであり、取り組み自体が関わるメンバーにとっての学びの場となっています。

 

大学のフィールドであるナゴヤのまちを楽しみながら、関わる人がナゴヤのまちで学び変化していく。そんな学びの場を、つくっています。

 

大ナゴヤ大学の入り口であり、気軽に参加できる授業の参加費は抑えながら、関わるメンバーの学びとなる活動を目指しています。そのため、授業料だけではまかないきれない部分をサポータの皆さんから寄付を頂き、活動資金に充てています。

 

具体的には、大ナゴヤ大学のHPなどのサーバー代などの固定費、HPのリニューアルなどのシステム開発費、授業以外の学びの場(授業のつくり方ゼミ、メンター制度、新プロジェクトなどの運営費)などです。

 

サポーターも随時募集中です。

 


 
 
 

 

「あなたがいれば、カタチ(まち)が変わる」。

一人一人の自分ごとの行動の積み重ねが、自分の周り、そして街を変えていくのだと思います。

 

これからも大ナゴヤ大学をよろしくお願いします。

 

 

| サポーター | 15:01 | comments(0) | -
コメント
コメントする














goodia





CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES