大ナゴヤ大学 
<< 愛知県産小麦「きぬあかり」でつながる顔の見える小さな経済圏【愛知コムギ体験隊×大ナゴヤ大学 コラボ企画】 | main | オープンキャンパス2018〜一緒につくろう、大ナゴヤ大学〜 >>
目線を変えてまちをみると、自分のまちを歩くことが楽しくなる!【大ナゴヤ大学】

 

こんにちは!事務局の大野です。

大ナゴヤ大学の授業の中で、個人的につくる企画の中で”まち歩き”を少しずつ増やしています。(※大ナゴヤ大学の授業は、まちにある多様な事柄が対象で、まち歩きがすべてではないのでご注意を!)

 

他の人に自分のまちのことを説明するには、まずは、自分がまちに興味を持ち、その中で多角的な視点を持つことが大事なのではないだろうか。特に都市部は、多種多様なヒトやモノやコトが多層的に同じ空間に存在しているで、意識してまちを見る目線を鍛えていく必要があると感じています。

 

小さいころから名古屋に住んでいますが、自分のまちのことを学ぶ機会は少ない。色々な授業づくりを通じて、私もたくさんの知らない名古屋に出会っています。

 

 

3月末には、「巡って発見!鶴舞公園の秘密〜成り立ちから学ぶ近代名古屋〜」授業を開催しました。(インターンの進藤くんがコーディネート)

 

普段、何気なく通っている鶴舞公園。庭園やモダンな建築物があったりとその存在には気づいていたものの、なぜあるのかを深く考えたことはありませんでした。

 

そもそも鶴舞公園は、新堀川を開削する際の土砂で御器所村敷地(田畑)を埋め立ててつくられました。明治43年には、関西府県連合共進会(万博みたいなもの)が開催され、奏楽堂などその時に建てられ、今でもその名残が(復元されて)残っています。大正7年には、東山動物園の前進となる名古屋市立動物園が公園の付属施設として開園したり、昭和3年には、御大典記念名古屋博覧会が開催され、その際につくられた茶席(鶴々亭)は、今でも残っていて利用可能です。

 

今の名古屋のまちがつくられていく中で、鶴舞公園はその時々に応じて役割を変えていき、様々な文化や施設が混じった公園になっていることに知りました。

 

このように名古屋のまちのことを知っていく機会を大ナゴヤ大学でもつくろうと、名古屋の街中に残っているまちの記憶を巡る授業を連続シリーズ企画として4月よりはじめてみました。

 

名古屋の”記憶”を巡るツアーvol.01-「遊郭の面影が残る街 大門界隈」編-(※満席)

名古屋の”記憶”を巡るツアーvol.02-「駄菓子の街 新道・明道町界隈」編-

名古屋の”記憶”を巡るツアーvol.03-「堀川界隈 伝馬橋―新洲崎橋」編-

名古屋の”記憶”を巡るツアーvol.04-「変化していくまち 納屋橋界隈」編-

 

 

名古屋市西区にある新道・明道町は、駄菓子メーカー・駄菓子問屋など駄菓子に関わるお店や会社が集積しているまち。駄菓子の大人買いもできちゃいます!最盛期の比べると問屋さんの数も減り、少しずつまちの記憶が薄れつつあるように感じています。

 

 

名古屋に住んでいれば誰もが知っている堀川。名古屋城築城と同じ1610年(慶長15年)に、福島正則により、熱田と名古屋城下を結ぶ名古屋台地の西に沿って掘られたというぐらいの知識はあるのですが、川沿いにあるまちはどうだったのかなど、もう一歩踏み込んでまちを眺めてみると、海苔屋さんがあったり、都心にも関わらず倉庫など広い土地があったりと、様々な疑問がわいてきます。

 

 

堀川にかかっている納屋橋。その界隈のまちは、なやばし夜イチなどのマーケットが定期開催されるようになったり、2017年9月に「テラッセ納屋橋」がオープンするなど変化が起きています。そんな納屋橋に住み、商売をしている「高山額縁店」の高山さん。額縁店の隣にカフェバー「TWILO(カブトビール名古屋支店)」をオープンしたり、納屋橋界隈のまちの活動に取り組んでいます。そんな高山さんから見た納屋橋のまちを教えていただきます。

 

同じ名古屋の中でも、目線を変えてまちをみてみると、たくさんの発見があり、まちを歩くことが楽しくなります。そんな人がこのまちに増えたら、この街を訪れた方にも自信を持って、まちの面白さを進める人も増えていくんじゃないかな。そんなことを思い描きながら、これからも授業企画をしていきます!

 

以下、4月開催の授業です。

 

4月の授業情報---------

名古屋めし”文学”授業−名古屋めしの魅力を再定義する!−
開催日時:2018年04月27日(金) 19時00分 〜 21時30分
教室:珈琲処カラス
先生: Swind(スインド) / 小説家 兼 名古屋めし専門料理研究家

 

名古屋の”記憶”を巡るツアーvol.02-「駄菓子の街 新道・明道町界隈」編-
開催日時:2018年04月14日(土) 14時00分 〜 16時30分
教室:名古屋西区新道(明道町)界隈
先生: 浅野順子 / 「ものづくり文化の道」マイスター


名古屋の”記憶”を巡るツアーvol.03-「堀川界隈 伝馬橋―新洲崎橋」編-
開催日時:2018年04月15日(日) 10時00分 〜 12時30分
教室:堀川界隈
先生: 伊藤 正博 / 堀川文化探索隊

 

名古屋の”記憶”を巡るツアーvol.04-「変化していくまち 納屋橋界隈」編-
開催日時:2018年04月15日(日) 14時00分 〜 16時30分
教室:盪崖桀重
先生: 高山大資 / 高山額縁店 

---------

 

授業でお会いできることを楽しみにしています。

 

大野

 

大ナゴヤ大学では、なるべく多くの方に気軽に参加して
  いただけるように参加費を設定しています。
  そのかわりに多くの運営メンバー(ボラスタさん)や
  サポーターの方に支えられて運営されています。
  サポーター(寄付会員)は随時募集しております。
  タイミングがいい時に!
 

 

 

 

| 大ナゴヤ大学について | 19:31 | comments(0) | -
コメント
コメントする














goodia





CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES