大ナゴヤ大学 
<< まちの授業コーディネータープロジェクト始動! | main | 「”きっかけ”をつくること」と参加費に相関はあるのか!? >>
まちの授業コーディネーターPJ始まりました!@瀬戸

 

9月より募集開始した「まちの授業コーディネーターPROJECT」。日曜日に初回の講座が瀬戸市で開催されました。

 

集まった皆さんは、やっていることは異なりますが、共通していることは自分のまちが好きなこと。最初の自己紹介でも、まちへの想いを語っていただけました。

 

※まちの授業コーディネーターPROJECTは、大ナゴヤ圏で「わたしのまちを盛り上げたい!」と思う人たちへ、大ナゴヤ大学の授業づくりのノウハウを伝え、一緒に授業をつくるプロジェクトです。

 

 

初回ということもあり、前半は大ナゴヤ大学の紹介や授業の位置づけ、大事にしていることを中心とした座学がありました。

 

大ナゴヤ大学の授業コーディネーターとして、一人目の生徒として自分が受けたい!と思う授業を企画すること、遊び心を忘れない、中立であることなど、大切にしている要素を学びました。

 

後半は、実際に授業を体験してみよう!と、「蓄音機の世界に触れる 〜SPレコードに刻まれた100年前の音色〜」授業をお願いしたことのある増田先生にバトンタッチ。今回の教室も、増田先生のご自宅をお借りしました。(ありがとうございます。)

 

 

素敵な音楽をレコードで聞きながら、音楽とまちづくりのお話などをしていただきました。先生の魅力に、皆さん引きつけられていました。

 

最後は、次回に向けて宿題を発表。各自、授業のラフ案を考えてきてもらいます。大人になってから宿題をやる機会って少ないのかも。

 

終わったとは、瀬戸のまちを皆で散策。瀬戸に住んでいる参加者の方に紹介していただきました。アーティストが集まるスペースができるなど、新たなまちの動きを教えてもらいました。

 

 

 

今回のプロジェクトのポイントの1つは、各地域ごとに既にその地域で活動をしているメンター(先輩授業コーディネーター)がいること。大ナゴヤ大学は、活動エリアこそナゴヤ圏と定義しておりますが、事務所が名古屋にあるので、どうしてもマンパワー不足で各エリアとの連携が弱いのが現状。

 

そこで、大ナゴヤ大学の授業コーディネーターさんの中で、地域でも活動しているメンバーにも仲間に加わっていただきたました。メンターにも支えてもらいながら、来年に向けてどんな授業が出来上がっていくのか!?楽しみです。

 

少しずつ連携できる地域(エリア)も増やしていけたらと考えているので、やりたいと思ったら是非連絡ください!

 

事務局 大野

 

大ナゴヤ大学では、なるべく多くの方に気軽に参加して
いただけるように参加費を設定しています。
そのかわりに多くの運営メンバー(ボラスタさん)や
サポーターの方に支えられて運営されています。
サポーター(寄付会員)は随時募集しております。
タイミングがいい時に!
 

 

 

| まちの授業コーディネータープロジェクト | 17:11 | comments(0) | -
コメント
コメントする














goodia





CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES