大ナゴヤ大学 
<< DNU展 出店者紹介 - 高香園 / 柴田酒造場 / 坂井海苔店 - | main | やっとかめ大使(ボランティアスタッフ)募集中!(〜9月16日(金)締切) >>
DNU展 出店者紹介 - 角谷文治郎商店 / 瀬戸本業窯 -
【DNU展 出店者紹介 - 角谷文治郎商店 / 瀬戸本業窯 -】

※DNU展〜どえりゃーなもの売ります店!〜とは?※
今大ナゴヤ圏(=ナゴヤとその周辺地域)で
様々な場所、人、物を授業として取り上げてきた大ナゴヤ大学だから知っている、
魅力溢れるモノを集めたセレクトショップ。
ここでしか手に入らないものもあるので、ぜひ立ち寄ってください♪


◎出店名◎
三州三河みりん 角谷文治郎商店

●出店/出展物紹介

愛知県東部の三河地方は、醸造に適した水と温暖な気候に恵まれ、
200余年の昔から、みりんの醸造が盛んに行われてきました。
現在でも、みりん業者数全国一を誇るみりん造りの本場です。



角谷文次郎商店では、もち米のおいしさを、「醸造」という日本の伝統的な技のみで、
一年以上の時間をかけて丸ごと表に引き出しました。
本来の「みりん」の原料は、もち米、米麹、本格焼酎のみ。
蒸したもち米と米麹を焼酎といっしょに仕込み、搾って、長期間の醸造熟成を経た後に、みりんになります。
まろやかな深い甘みが特長で、飲んでおいしいみりんこそ、調味料にも最適な本物のみりんだと言えるでしょう。

現在では、伝統的製法と工業的製法の2種類の製法がありますが、
角谷文治郎商店の「本格仕込み三州三河みりん」は、伝統的製法を採用。
より自然な栽培方法の原料を使用し、昔ながらの蔵の中で、素材の持ち味を大切に醸しています。

マドンナのプライベートシェフも愛用!
普段のお料理ががらっと変わる「みりん」の力、ぜひ一度感じてみてください。




●当日販売 / 展示するもの
みりん
梅酒


●協力
角谷文治郎商店  角谷 文子 様




◎出店名◎
瀬戸本業窯

●出店/出展物紹介
鎌倉以来の伝統を伝える本業焼き。

本業焼きとは本来から瀬戸に息づいた陶器の手仕事である。
民芸活動の中で柳宗悦、バーナードリーチに見出され、白洲正子に愛された実用食器である。




過去の授業では、先生に窯垣の小径を案内していただいたのち、釉薬かけとろくろの体験もさせて頂きました。
やきもののまちとして生きた街の様子と、その伝統を継承していく職人さんと直に接する貴重な機会となりました。

過去授業ページ→民藝・柳宗悦が愛した「瀬戸本業窯」 800年の歴史散策と作陶体験



●当日販売 / 展示するもの
民藝陶器

●協力
水野半次郎八代目後継予定者 水野雄介様
| 大ナゴヤ大学7周年 | 18:00 | comments(0) | -
コメント
コメントする














goodia





CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES