大ナゴヤ大学 
<< 授業のつくり方!? | main | 価格を決めることの難しさ >>
大ナゴヤ大学 はたらく課の活動


大ナゴヤ大学の楽しみ方について、前回は食ゼミを紹介しました。
その他にも、大ナゴヤ大学のボランティアメンバーが中心となって取り組んでいる「はたらく課」もあり、
“はたらく”について興味があるメンバーが集りはじまったプロジェクトです。

気になる人にインタビューをしたり、”はたらく”に出会う様々なイベントを開催したり、
情報発信をしています。

3月にも、いろいろな分野で働いている方をバーテンダーとして招き、
気軽にお酒を飲みながら話をする「しごとバー@名古屋」が開催されます。




こちらが詳細になります。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

テーマ:家業をつなぐナイト【しごとバー@名古屋】

「三河みりん」を知っていますか?
愛知県の三河地方は、醸造に適した水と温暖な気候に恵ま れ、200余年の昔から、みりん醸造が盛んに行われてきた土 地。現在でも、みりん業者数全国一を誇るみりん造りの本場で す。

その「三河みりん」は、誰かがそれをつないできたからこ そ今も続いています。既にはじまっている何かを、誰かがつないでいく。その「つなぐ」という行為があるから長く続いていく。

今回のゲストは、明治43年(1910年)創業、三州三 河みりん「角谷文治郎商店」の角谷文子さん。大学卒業後、企業、NPOでの勤務を経て家業に。今は、海外に「みりんの魅力」を発信するために日々動き 回っています。

どんな想いを持って伝統ある家業をつないでいくと決意し たのだろうか?
そこに迷いはなかったのか?

家業をつなぐ、会社をつなぐ、プロジェクトをつなぐ。そんな「つなぐ」ことに興味がある方は、是非起こしください。

もちろん、みりんのお話を聞いてみたい方も!


【日時】
2016年3月23日(水) 19:30-21:30(開場19:00)

【バーテンダープロフィール】
角谷文子
「つなぐ」を人生のキーワードに、大学時代の国際協力・交流活動、新卒時代の半導体商社での営業、ボランティア情報誌「ボラみみ」での事務局での経験と、様々な形でヒト・情報・活動をつないできた。現在は家業である角谷文治郎商店において、「もち米のリキュール」とも評されるみりんを武器に世界中をつなぐべく奔走中。先日のフランス出張では、著名なパティシエに高く評価され、パリのパティスリーデビューも秒読み!

【会場】
喫茶アミーゴ(名古屋市中区大須3-42-30)

【最寄駅】
地下鉄 鶴舞線・名城線「上前津駅」下車 8番出口を上がって徒歩3分

【参加費】
参加費:1,000円
※ワンドリンク付き(ソフトドリンク、ビールなど)
※飲み物は、2杯目以降はキャッシュオン。

【参加方法】
facebookイベントページの『参加予定』ボタンを押す。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

はたらく課のように大ナゴヤ大学に関わるボランティアスタッフが中心となって、
新しい活動をはじめるなんてこともあります。

大ナゴヤ大学の活動の中で大事にしている言葉があります。
『あなたがいれば、カタチが変わる。』
関わるメンバーの数だけ、活動が生まれたり、変化したりしていきます。

大ナゴヤ大学の授業以外にも、街中で色々な取り組みを行っているので、
この機会に参加してみてはいかがでしょうか?

 

大ナゴヤ大学では、なるべく多くの方に気軽に参加して
いただけるように参加費を設定しています。
そのかわりに多くのボランティアメンバーやサポーター
の方に支えられて運営されています。
サポーター(寄付会員)は随時募集しております。
タイミングがいい時!
 

 

 


 
| スタッフ日記 | 10:00 | comments(0) | -
コメント
コメントする














goodia





CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES