大ナゴヤ大学 
<< みんなで達成しようサポーターPROJECTの報告 | main | 目標値を定めること >>
大ナゴヤ大学を考えるBA!


皆さん。こんにちは。事務局の大野です。

2月13日(土)に、大ナゴヤ大学の運営に関わるメンバーと改めて大ナゴヤ大学について
考えるワークショップを開催しました。この日は18名参加。改めてすごい組織だなと。

開校してから7年目の年に入り、その間に関わるメンバーも変わってきていました。
そのため、これまでにどんな活動をしてきたのかなど、共有できていない情報がたくさん
あったので、これまでの活動をざっとフリカエリました。
※10分ぐらいしか時間をとれなかったので、ダイジェスト版ですが・・・・。

その後は、皆で「大ナゴヤ大学は、何をしているところ?」という問いについて話し合いました。
1ラウンド30分をメンバーを変えて2回。

・きかっけづくりの場
・チャレンジできる場
・まちの魅力発掘・発信
・まちを好きにさせる
・主体的
・まじめにまちで遊んでいる
などなど、色んな言葉が出てきました。



続いて「ナゴヤの街(大ナゴヤ圏)にとって、大ナゴヤ大学が担う役割って何?」という問いに
ついても同様の時間をかけて話し合いました。

・ナゴヤの使い方を増やしている
・まちに誇りを持てる
・まちの社会課題を伝える
・地域同士を繋ぐ
などの言葉が出てきました。

大ナゴヤ大学は、「街中がキャンパス」、「誰でも生徒、誰でも先生」というコンセプトはあるものの、
目に見えるカタチの校舎を街中に構えているわけではないし、ある特定の課題を解決するNPO法人でも
ありません。ふわっとしています。(笑)

関わるメンバーの価値観やバックグランドなどによって、見えている大ナゴヤ大学のカタチは違っている
のかなと感じています。だかれこそ、色んなメンバーが関われる自由度もあるし、多様性があって面白い。

大ナゴヤ大学のためにメンバーがいるのではなく、一人一人が活躍する場として大ナゴヤ大学があるのかなと。
関わるメンバーによって変わる。

でも変わらない共通の価値観が存在するのでは?と思い、
ワークショップでは意識的に思っていることを言葉に落とし込みました。

まとめている最中です・・・。
現段階では、大ナゴヤ大学は何をしているところに対して明確にこれ!とは言えないかもしれません。
ただ、何を大事にして活動しているかは言えるのかなと、まとめていて感じました。

どんな言葉に出会えるのか。

2月24日(水)ラッコ授業も募集中!



===========================
サポーターも募集しておりますので、タイミングがいい時に応援宜しくお願いします!
月額サポーター
ワンタイムサポーター
===========================

事務局 大野
 
| 大ナゴヤ大学 | 11:56 | comments(0) | -
コメント
コメントする














goodia





CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES