大ナゴヤ大学 
<< サポーターインタビュー12 山上遊さん | main | サポーターインタビュー14 山田卓哉さん >>
サポーターインタビュー13 山田卓矢さん
■みんなで達成しよう!サポーターPROJECT
http://dnu.jp/supporterpj/


山田卓矢さん


質問‖腑淵乾簑膤悗箸里海譴泙任隆悗錣
2014年に就職を機に名古屋へ引っ越してきたのですが、
引っ越しの翌日に大須でNAMO.のイベントをみかけました。
「面白いイベントだなぁ、どこの団体がやっているんだろう?」と検索したのが
『大ナゴヤ大学』を知ったきっかけですね。
過去にまちづくり活動をしていたということもあり、
名古屋でも何かしたいと思っていた矢先だったので、すぐに学生登録をしました。
以降、ボランティアスタッフとして関わらせて頂き、現在に至ります。

質問大ナゴヤ大学の魅力だと思うこと
名古屋ではなく『大ナゴヤ』圏域がキャンパスというのは大きな魅力だと思います。
広範な圏域に授業ネットワークをつくっているので、
都市から田舎まで、多様なキャンパスで授業が楽しめます。
僕は将来、都市か田舎のどちらで暮らすかを迷っているので、
両方のキャンパスを舞台に学ぶことのできる大ナゴヤ大学は、本当にありがたい学びの場です。
都市や田舎に関わらず「まちをいかに面白がるか」を学んでいるので、
最近は、「どこでも楽しく暮らせるのでは?」という錯覚さえ抱くようになりました。

質問サポーターになった理由
大ナゴヤ大学は、積極的にモノ・ヒト・コトを面白がる姿勢を教えてくれました。
この姿勢って自分の人生を豊かにすることに繋がる思うんですよね。
自分の人生を豊かにしてくれるので、僕にとって大ナゴヤ大学の取組みは『ジブンゴト』なんです。
だから、寄付するというよりは自己投資するって感覚でサポーターになりました。

質問ぢ腑淵乾簑膤悗任海譴らやってみたいこと
大ナゴヤ大学の授業を通して、まちを面白がる姿勢を学んだので、
今後は他の人に伝える側として関わりたいなぁと思っています。
ボランティアスタッフとして授業に関わるようになってからは、
「どうしたら学生さんたちにより良い環境で学んでもらえるか?」を意識するようになりました。
ゆくゆくは授業コーディネーターにもチャレンジし、伝えたい内容から伝え方までを考えていきたいですね。
僕は分野を跨ぐような繋がりを良しと捉えているので、「A×B」のようなクロスオーバーした要素を
何らかのカタチで授業に盛り込みたいと思っています。

みんなで達成しよう!サポーターPROJECT!

【私もサポーターになる!という方はこちらからお願いします。】
みんなで達成しよう!サポーターPROJECT
http://dnu.jp/supporterpj/
■月額サポーター
「継続して応援する!」
500円/月
1000円/月
■ワンタイムサポーター
「ひとまず応援する!」
8888円〜/回
| サポーターPROJECT | 19:00 | comments(0) | -
コメント
コメントする














goodia





CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES