大ナゴヤ大学 
<< サポーターインタビュー8 岡本ナオトさん | main | サポーターインタビュー10 萩原 紘子さん >>
サポーターインタビュー9 大崎慎司さん
■みんなで達成しよう!サポーターPROJECT
http://dnu.jp/supporterpj/

大崎慎司さん


質問‖腑淵乾簑膤悗箸里海譴泙任隆悗錣
大ナゴヤ大学は、円頓寺商店街でやっていたNAMOにまたまたふらっと行ったのがきっかけで知りました。
でもなんか面白そうだなと思ったため生徒に登録をしてワクワクしながら行った最初の授業は、
『「シゴト」をみる目を育てる。〜小中学校にこんなキャリア教育があったら面白いはず〜』でした。
その時にいろいろな人たちが楽しそうに話しをする雰囲気が好きになり、大ナゴヤ大学に興味が深まりました。
今から思うとあれは、森田さんやクマちゃんだったと思います。
 
そして、元々、名古屋の街をよくしていくために市民活動に参加をしたいと思っていましたのですが、
カモノハシプロジェクトのイベントに参加をしてこんな深いテーマを学べる場はいいなと思ったことが
きっかけでボラスタ説明会に参加をしてボラスタになりました。
この時には、スノッチさんやウーナさんが参加する不安を解消してくれて感謝です。
その後は、その年の愛フェスの企画メンバーに手を挙げて参加させてもらいましたが、
世代を超えて一つのことを作り上げていく密度の濃い時間をさせてもらったことは
すごくいい経験でしたからメンバーに感謝です。
マイペースの人が多くてなかなか進まなかったですが、やるからには楽しもうと思える人たちだったと思います。
 
今年からは、大ナゴヤ大学はたらく課のメンバーに入れてもらって自分なりにできることで活動に参加をさせてもらってますが、
ここでもメンバーが多様な人たちのため新たな学びが多くあり好奇心を刺激される日々を楽しんでいます。



質問大ナゴヤ大学の魅力だと思うこと
一言でいうと「人」だと思います。
好奇心が旺盛で多様な人々が大勢いることであり、そういった人々を受け入れてくれるところですね。
そんな中にいると自分が興味あることでは共感し探求でき、知らないことでは面白い世界を広げていける
きっかけや学びを人から多く得ることができ、そして自然と自分の楽しみの幅と奥行きを広がっていくことだと思います。
そういった関係が普段はフラットでゆる〜く繋がっていることが大ナゴヤ大学の魅力であり、強みであり、
そして6年間で築かれてきた財産だと思います。


質問サポーターになった理由
6月の報告会の時にミッキー学長が「ナゴヤを面白がる人を増やす!」というビジョンの活動をしてくために
行政や企業と協働していくが依存することなく、自主運営を目指していくということに改めて共感したからです。
それは、こういった場が自分たちの街を面白くしていくためには必要であり、
これからも持続させてしていくのは自分たち一人ひとりなのかなと思うし、
そのためには、応援者としてではなく協働者として自分のできる範囲で自分のパワーを出していくことで
街がもっと面白く楽しいことなったらいいですよね。

 
個人的なことを言えば、ミッキー学長を芸能人と思い込んでいる娘に
この街がこんなに面白くなっていることに
自分も関わっているんだよ。と言いたいですね。笑


質問ぢ腑淵乾簑膤悗任海譴らやってみたいこと
大ナゴヤ大学は、やっぱり「人」が魅力ですが、その幅を上にも下にももっと広げていければいいですね。
例えば、自分のような中高年がメインとなる大学院授業、また未成年世代でも参加できる付属小中高等学校 授業、
また転勤や引越しでナゴヤ圏から離れてしまう人でも帰って来てからもまた楽しく参加できるように
留学制度などいろいろな人がもっと関わり続けることができたらいいですね。

そんな中で自分としては子供に関連することやはたらくことについていろいろとやってみたいですね。

みんなで達成しよう!サポーターPROJECT!

【私もサポーターになる!という方はこちらからお願いします。】
みんなで達成しよう!サポーターPROJECT
http://dnu.jp/supporterpj/
■月額サポーター
「継続して応援する!」
500円/月
1000円/月
■ワンタイムサポーター
「ひとまず応援する!」
8888円〜/回
| サポーター | 17:30 | comments(0) | -
コメント
コメントする














goodia





CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES