大ナゴヤ大学 
<< 公園で大ナゴヤ大学の授業をやること。 | main | 2014年度大ナゴヤ大学活動報告会 >>
この街に残る歴史・文化を若い人に届けたい


皆さんは、歴史・文化は、好きですか? 身近にふれる機会はありますか?

昨年度は、大ナゴヤ大学の運営以外に、名古屋の伝統芸能や文化をテーマにしたイベント
やっとかめ文化祭」を一緒に盛り上げるボランティアスタッフ「やっとかめ大使」の
コーディネートをする機会をいただきました。

さらにその前の年は、”なごやの歴史・文化とユニークに出会う”をコンセプトとしたプロジェクト
NAMO.」を名古屋市さんからの委託で実施しました。

このような状況の中で、経理をお願いしている税理士さんから能楽師の方をご紹介いただきました。
上記のようなプロジェクトを担当して実積をつむ機会がなかたっり、歴史・文化好き(?)の
名古屋市の担当の方と出会っていなかったら、自分たちの知識・経験では、難しそう・・・
と判断し断っていたかもしれません。

歴史・文化は、立ち上げ当初から大事だとわかっていても、なかなか近づいていけない分野でも
ありました。プロジェクトを通して色々な方々が関わっていく中で、大ナゴヤ大学としても、
歴史・文化をテーマにした授業が生まれてくるようになりました。



また、普段の大ナゴヤ大学の授業は、1人の授業コーディネーターが授業づくりを担当するのですが、
やっとかめ文化祭で関わった「やっとかめ大使」メンバーが企画に挑戦できる良い機会なので、
有志メンバーを集めて一緒に企画を考えました。

授業をつくってみての大使メンバーの感想などは、名駅経済新聞さんに取材していただきました。
詳細はこちらをご覧ください。
写真は、取材中の一コマです。

このように若い世代が、歴史・文化にふれる機会を、もっとつくっていきたいと考えています。



企画メンバーのほとんどが能についての知識がないので、まずは勉強するところからはじめました。
本やインターネットなどを使ってひたすらインプット。

色々と学ぶなかで、「能面(オモテ)」に魅了されていきました。
能面(オモテ)は、見る角度によって表情が変わります。

参加者の方にも能面に触れて欲しい!
っということで、能面(レプリカ)をお借りすることにしました。



借りに行った場所は、名古屋市中村区にある筧邸。登録有形文化財に登録されている邸宅です。
ここでこども能楽教室を毎月開催しています。興味のある方は、是非こちらにもご参加ください。
その他、名古屋能楽堂さんからも能面をお借りしています。

全部で・・・・何個あるかは、当日のお楽しみ!



教室も西区幅下にある藤田舞台をお借りすることができました。普段なかなか入れない場所
なのでとても貴重です。

藤田流の初代清兵衛さんが、寛永六年(1629)に、現在の幅下二丁目のこの地に徳川家より屋敷を拝領し、
以来、明治維新、第二次対戦という大きな危機を乗り越えこの地を動くことなく守ってきたが、
舞台は明治初期に失ってしまい、平成17年2月に今の舞台が再興されたそう。



今回の能の授業は、先生の協力もあり、かなり濃い内容になっている(シテ方が4人も集まります)
ことに加えて、大使メンバーの思い、大ナゴヤ大学の若い人に歴史・文化をもっと届けたいという思い
が詰まっています。

是非、周りに少しでも能のついて学んでみたいという方がいたら、誘って一緒にご参加ください。

お待ちしております。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
◯オモテから。 〜舞台に生きる能面〜
開催日時:2015年04月26日(日) 14時00分 〜 16時30分 
教室:藤田舞台
先生: 大野 誠 / 藤田流笛方  長田郷 / 喜多流シテ方  松井俊介 / 喜多流シテ方  
吉沢 旭 / 観世流シテ方  伊藤裕貴 / 観世流シテ方 
http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/detail/294
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

事務局 大野
 
| プロジェクト | 13:49 | comments(0) | -
コメント
コメントする














goodia





CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES