大ナゴヤ大学 
<< レイブル100人会議の会場は「畳」仕様です!(会場見学) | main | 第2回 Think ナナちゃんに向けた勉強会(名鉄グループ内) #meieki #nagoya >>
名古屋レイブル100人会議 #レイブル100
11月23日(金) 名古屋クラウンホテルの会場を利用させていただき、「名古屋
レイブル100人会議」を開催することができました。 


今回は、大ナゴヤのスタッフ(ボランティアスタッフ、自主応募)で23名、
三都市レイブル100人会議を行う「大阪一丸」の運営を行うNPOスマイルスタイルより
1名、「場とつながりラボ homes's vi」より3名の27名体制で運営することができました。


初顔合わせも終了。会場の設営準備です。名古屋は、会場となるホテルが、
天然温泉を掘り開業した歴史もあることから場の雰囲気を活かし、
「畳の和室宴会場」での設営をお願いしました。

ミカンも280個、購入しました。(蒲郡産)


今回、グラフィッカーとしてhome's viさんより連れて来ていただいた
椿や小梅さん、素敵なウェルカムボードを作成してくださっています。


司会を務めるミッキー(加藤 幹泰さん)とサポート司会のいくぴー(生駒さん)
当日の台本を見ながらの打ち合わせ。ミッキーは、温泉の浴衣を着て司会を
務めました。


12:30。受付エリアには続々と参加者が。愛知県知事選の特別授業(150人)以来の
100人規模の対応です。スタッフはてきぱき対応してくれていました。


13時、オープニングムービーの後、スタート。


よしもとより芸人さんの浅越ゴエさん、ヤナギブソンさんを招いて、会場を
盛り上げていただきました。マイクの音量調整で芸人のお二人、会場に
ご迷惑をおかけしました。


東京・名古屋・大阪を同時中継することで、同じ日に300人が集っていると
いうことを目の当たりにしつつ、よしもと芸人さんならではの盛り上げで
会場間を沸かしていただきました。

その後、ヤナギブソンさんにしばらく残っていただき、「嘘つき自己紹介」を
行い、会場のテーブルそれぞれが盛り上げていただくことができました。


ワールドカフェで話し合った内容を模造紙に書きます。

第1ラウンドテーマを何回か終えた後、それぞれのテーブルに書かれた言葉で
気になった言葉にマーキング。各テーブルを巡ります。


今度は自分で話し合いたいテーマをA4用紙に記入。

プランニングカフェを『マグネットテーブル』という、話し合いたいテーマで
集まったメンバーで話し合いました。


「レイブルらしさとは?」
「いつでも話し合える場をつくりたい」
「はたらく、ということについて話したい」
「これからの社会システムは?」
「多様性を認める」
「仲間が欲しい」

さまざまなテーマでテーブルができました。


スタート前は、少し緊張の面持ちをした方も何人かいらっしゃいましたが、
ほとんどの人がイキイキとして、自分の考えていることを話していました。


メインのファシリテーターのしのさん、グラフィックの椿やさん。
とても良い場の雰囲気を見守っていました。



話し合ったテーマを元に、これから、今後について考えて戴きシェアして
いただきました。

終了後もテーブルを一緒した方どうしが親交を温めていたり、facebookグループを
新たにつくろうという提案があったりと、様々なことが生まれそうです。

終了後の振り返りでも、今回の活動が、もっと小さなものでも良いので地域に、
日常化していきたい、ということや、「大阪一丸」で取り組まれているように
出口支援のところまでソリューションとして展開しているところを目指したいという
意見、いきなり100人会議ではなくて、それまでに大ナゴヤで授業を何度か重ねて
伏線をもっていったら、また新たな多様性が生まれるという意見をいただきました。

まずは「はたらく」ということは「レイブル世代」ということについて話し合うことが
できました。

多くの就労・若者サポートの支援機関・団体の人々も参加して下さいました。
名古屋市の担当部門の責任者の方にも参加いただくとともに、愛知県からは、
県内の若者就労サポート機関に案内をしていただいたそうで、当日に豊橋からも
申し込みいただくなどの流れも生まれました。

大ナゴヤ大学の未来予想図の中には、「ゆっくり歩きたい人も、せかされない街になる」
というキーワードが書かれていますが、「レイトブルーム(遅咲き)」を信じて
チャレンジしたり、休んだりできる社会、その為の職場環境、社会の認識、学校現場や
就職活動のシステムなど含め、地域として変わっていくきっかけが生まれればと
思います。

サポートの運営スタッフのみんな、参加された皆さん、お疲れさまでした。

参加ありがとう!!

| コラボ | 09:24 | comments(0) | -
コメント
コメントする














goodia





CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES