大ナゴヤ大学 
<< 職員会議 12/13 #dnu | main | 大ナゴヤ大学 運営会議 12/16 AM >>
念願の霜月祭り(12/13) #dnu
大ナゴヤ大学の開校以前、当時シブヤ大学の企画ディレクターの近藤ナオさんや
他のメンバーの出会いがきっかけとなり、そのご縁からスタートした飯田市の
職員さんを通して、「下栗の里」という、とても素敵な里の方々との交流が
始まりました。

私自身も、今年何度目の訪問をしたのでしょうか?

多くのつながりが生まれ、2つの授業が実現しました。 

ナゴヤで、下栗のついて学ぶ


その集大成が今回の『霜月祭り』です。


「千と千尋の神隠し」のモチーフとなった、遠山郷上村に伝わる「霜月祭り」。

拾五番目の場所である下栗の里では12月13日に実施されました。

一晩かけて神様を招くこのお祭り。

職員会議や打ち合わせなどを終え、19:30に、ボラスタかぶちゃんの車で飯田市まで
向かうメンバーが集合。車で向かいました。

先発隊は、既に昼より飯田市に到着し、大ナゴヤ大学のボラスタで飯田市職員の
つっちー(筒井)さんと合流し、19時からの開催に参加していました。

我々後発隊は、飯田市で、職員の小室さんと合流し、用意していただいた公用車で
下栗の里まで向かいました。

すでに23時を超えるところで、大いに祭りが盛り上がっているところでした。

先生にもなっていただいた野牧 和将さんが、「下栗拾五楽坊」として初めて本格的に
笛を吹いていました。

明治維新で時は廃仏毀釈でもあった頃、この里では影響を受けることなく、祭りが
引き継がれてきました。

 

彼らが煮えたぎった湯を放つシーンは圧巻で、そのお湯を浴びると厄払いや
幸運になると言われています。(つっちーさんはかなりかかっていました!)

ずっと薪を加えられ、煙の中で時間を過ごしました。

若い人達もこの時は里に沢山帰ってきて、大いに盛り上がります。


本当に夜遅くまで続き、深夜4時ぐらいまで続きました。

不思議と時間の過ぎるのを忘れ、楽しむことができました。

やってきた神様を、今度は「もう、(食べ物も)カスしか奉納するものがありませんよ」という
ことを伝えて、神様が戻っていくようにする行いも行われました。


やがてほとんどの方々が、自宅や宿泊先に戻っていきました。

今回、大ナゴヤ大学では、これまで下栗の里に関わったメンバーや、「そば団子」の
魅力に興味をもったメンバーが、自発的に授業コーディネーターいっちゃんの呼びかけに
呼応し、鍋パーティー&ファンドレイジングを行い、1万5千円、大ナゴヤ大学一同として
奉納させていただくことができました。

大学生として民俗学研究の一貫で下栗の里を訪れ、そこで魅了されて以来、ずっと
下栗の里に調査研究や住み込んで交流をされた、名古屋大学の浮葉准教授も、我々
大ナゴヤ大学とご縁ができ、つねに私達の活動をサポートして下さいました。


自治会長や神事を司る皆さんで最後の儀式。このようなところまで見学させて
いただきました。


たいへん美味しい食べ物を最後に振る舞っていただき、自治会長からも無事に
終えたことをご挨拶いただきました。



「若い者がまたこれだけ引き継いでくれて、こんなに嬉しいことはない」と別の方も
おっしゃられて、涙ぐんでいたのが印象的でした。

私達に関しても、それぞれ温かく迎えていただき、「焦らなくていいから、末長く
お付き合いしていきたい」というお言葉をいただきました。

今回、特別に交流会館のお部屋をお借りすることができ、参加者全員でこちらに
泊めていただきました。


朝は、「雲海」のような景色が私達の目の前に広がっていました。このような
景色が日常に見えるところはそんなにはありません。



民宿「みやした」にて、この地域に住み、市の職員として毎日飯田市まで通う
野牧和将さん(中央)、ボラスタのつっちーさん(右)、現在、つっちーさんに
代わり、ナゴヤの覚王山にある「南信州ファームプロダクツマーケット」に
単身赴任している小室さん(左:ニックネームは「小田さん」)。


早朝まで過ごしたのに、8時過ぎでこの清々しさ。


野牧さんのお住まいでもある、民宿「みやした」で朝食までいただきました。


最後は、民宿の皆さんにもお見送りいただきました。


こちらが、あのスタジオジブリ作品の『ちゅうずもう』の登場人物になられているという
お話も、お二人の人柄を見ればすぐにそうだろうと納得です。

飯田市の農業センターまで戻り、つっちーさんともお別れ。またね、ということで。


今後も末永い交流が続いていくものと思います。

「まだ収穫しとったソバのソバ打ちがまだ終わっとらんのー」と里の方々が口々に
お言葉いただきました。

そう、次回はソバ打ちが待っているのです(笑)

今後とも宜しくお願いします。念願の下栗祭り、運転をしてくれたボラスタかぶちゃん、
参加者の皆さん、対応いただいた皆さん、ありがとうございました!

| - | 22:42 | comments(0) | -
コメント
コメントする














goodia





CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES