大ナゴヤ大学 
”まち”から学ぶ「まちの授業コーディネータープロジェクトvol.2」@常滑

 

 

10月からはじまった「まちの授業コーディネーターPROJECT※」。それぞれの”まち”から学ぶことが大事と考え、毎回講座の場所を変えています。前回は瀬戸市で開催しましたが、今回は常滑市で開催。

 

どちらも焼き物で有名なまちで、不思議なご縁だなと。会場は「常々」さんをお借りしました。人と人をつなぐ機能を持ったカフェです。

 

 

今回も新しいメンバーが受講するため、改めてまちの授業コーディネータープロジェクトのこと、大ナゴヤ大学や授業のことを、プロジェクトリーダーでもあるハカセからお話するところからスタート。

 

 

その後に、ベテラン授業コーディネーターさんから、自分がつくった授業のつくり方のプロセスや想いを語っていただきました。

 

授業のカタチは、ひとそれぞれ。自分のまちの魅力を伝えたい、興味のあることを伝えたい、今の時代に必要なテーマを皆で考えたいなど、授業コーディネーターが1番最初の生徒目線で、自分が受講したいと思う授業をつくります。

 

それ以外は決まったルールはないので、つくる側からするとそこが難しいのかもしれません。私自身は、今はまちのことに興味があるので、まちの成り立ちを知る授業を企画したいなと考えています。

 

 

また、まちの中で講座を開催するひとつの狙いとして、今このまちの中で起きていることを学んでもらいたいということもあります。前回は、瀬戸のまちを地域のメンバーが案内。今回は、たくさんの人が集う場になっている「みんなの縁がわ」さんで、”ゆるゆる縁日”が開催されていたので、常滑のコーディネーターばらくんの案内のもと連れて行ってもらいました。

 

色んな世代の方が交流し、お菓子の製造や飲食もできるスペースもありました。こういう市民ベースでおこっていることは、その場に足を運んでみないとわからない。その場所に行って、見て、感じること、大事ですね。

 

 

前回、出席したメンバーからは、いくつか授業案も出てきています。大ナゴヤ大学で授業がアップされるのをお楽しみに!

 

少しずつ連携できる地域(エリア)も増やしていけたらと考えているので、やりたいと思ったら是非連絡ください!

 

事務局 大野

 

----12月の授業情報---------
根っこのある生きかたを、つくる。〜green drinks Nagoya〜
http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/detail/404
開催日時:2017年12月01日(金) 19時30分 〜 21時30分 
教室:西アサヒ
先生:木村聖子 / 郡上八幡ゲストハウスまちやど オーナー
      西塔大海 / 西塔企画 代表 / 元福岡県上毛町地域おこし協力隊
      平野彰秀 / 郡上カンパニー ディレクター

 

20年以上続くまちのパン屋さんからおいしく学ぼう!〜パンのこと、パンに関わる仕事のこと〜
http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/detail/403
開催日時:2017年12月09日(土) 14時00分 〜 16時00分 
教室:ベーカリートド
先生: 澤田栄司 / 「ベーカリーTODO」オーナーシェフ

 

400年の歴史を誇る老舗料亭“河文”で餅花づくり〜酉から戌へ〜
http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/detail/406
開催日時:2017年12月28日(木) 10時00分 〜 14時00分 
教室:料亭 河文
先生:香川絢子 / 河文 若女将
--------------

 

 

大ナゴヤ大学では、なるべく多くの方に気軽に参加して
いただけるように参加費を設定しています。
そのかわりに多くの運営メンバー(ボラスタさん)や
サポーターの方に支えられて運営されています。
サポーター(寄付会員)は随時募集しております。
タイミングがいい時に!
 

 

 

 

 

| まちの授業コーディネータープロジェクト | 10:53 | comments(0) | -
まちの授業コーディネーターPJ始まりました!@瀬戸

 

9月より募集開始した「まちの授業コーディネーターPROJECT」。日曜日に初回の講座が瀬戸市で開催されました。

 

集まった皆さんは、やっていることは異なりますが、共通していることは自分のまちが好きなこと。最初の自己紹介でも、まちへの想いを語っていただけました。

 

※まちの授業コーディネーターPROJECTは、大ナゴヤ圏で「わたしのまちを盛り上げたい!」と思う人たちへ、大ナゴヤ大学の授業づくりのノウハウを伝え、一緒に授業をつくるプロジェクトです。

 

 

初回ということもあり、前半は大ナゴヤ大学の紹介や授業の位置づけ、大事にしていることを中心とした座学がありました。

 

大ナゴヤ大学の授業コーディネーターとして、一人目の生徒として自分が受けたい!と思う授業を企画すること、遊び心を忘れない、中立であることなど、大切にしている要素を学びました。

 

後半は、実際に授業を体験してみよう!と、「蓄音機の世界に触れる 〜SPレコードに刻まれた100年前の音色〜」授業をお願いしたことのある増田先生にバトンタッチ。今回の教室も、増田先生のご自宅をお借りしました。(ありがとうございます。)

 

 

素敵な音楽をレコードで聞きながら、音楽とまちづくりのお話などをしていただきました。先生の魅力に、皆さん引きつけられていました。

 

最後は、次回に向けて宿題を発表。各自、授業のラフ案を考えてきてもらいます。大人になってから宿題をやる機会って少ないのかも。

 

終わったとは、瀬戸のまちを皆で散策。瀬戸に住んでいる参加者の方に紹介していただきました。アーティストが集まるスペースができるなど、新たなまちの動きを教えてもらいました。

 

 

 

今回のプロジェクトのポイントの1つは、各地域ごとに既にその地域で活動をしているメンター(先輩授業コーディネーター)がいること。大ナゴヤ大学は、活動エリアこそナゴヤ圏と定義しておりますが、事務所が名古屋にあるので、どうしてもマンパワー不足で各エリアとの連携が弱いのが現状。

 

そこで、大ナゴヤ大学の授業コーディネーターさんの中で、地域でも活動しているメンバーにも仲間に加わっていただきたました。メンターにも支えてもらいながら、来年に向けてどんな授業が出来上がっていくのか!?楽しみです。

 

少しずつ連携できる地域(エリア)も増やしていけたらと考えているので、やりたいと思ったら是非連絡ください!

 

事務局 大野

 

大ナゴヤ大学では、なるべく多くの方に気軽に参加して
いただけるように参加費を設定しています。
そのかわりに多くの運営メンバー(ボラスタさん)や
サポーターの方に支えられて運営されています。
サポーター(寄付会員)は随時募集しております。
タイミングがいい時に!
 

 

 

| まちの授業コーディネータープロジェクト | 17:11 | comments(0) | -





goodia





CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES