大ナゴヤ大学 
MID-FM 「大ナゴヤ大学PowerUpナゴヤ!」第25回放送
第25回の放送は、NAGOYA DESIGN WEEK 2009の実行委員長 稲波 伸行さんを
お招きしてスタートしました。

ナゴヤにデザインを根付かせていく活動。

今年は、実行委員長も若手からということで抜擢された稲波さん。

同じ立ち上げを行う活動仲間として、生みの苦しみや調整のたいへんさを
共感します。

今年は、「黄色」をテーマカラーにして、より体感型のイベントや
100会場での実施という形で取り組まれています。



9月18日(金)にプレイベントがあり、準備の中お忙しいにも関わらず
ご出演いただきました。

デザイン・ウィークの意義と内容について、たいへんわかりやすく
説明いただきました。

パーソナリティーの行天くん、企画統括/授業コーディネーターの
谷さんも、「とってもわかりやすい説明でした!」と感心しきり。



今年は、コピーライターの方にも関わっていただき、デザイン
ウィークのコピーライティングとブランディングを進めています。

デザイン・アート関連については、10月・11月で授業の企画を
行うかもしれないという事で、今回は谷さんにスタッフコーナーで
出演してもらいました。



今日は、「大ジュンビ大会」があり、買出しなどを行ってくれた
小木曽さんも、スタジオで写真撮影です。



デザインでの都市論。

こういった事も、市民レベルで気軽に参加できるようなきっかけ
づくりとして大ナゴヤ大学もお手伝いできればと考えています。



開校前の「熱」を話すことができました。

いよいよ、僕たちも準備日があと1日のみとなりました。




◆NAGOYA DESIGN WEEK 2009
 http://www.n-dw.jp/

※後ほど音声ファイルがアップされますので、お聴き下さい。
 MID-FM「大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ」
| MID-FM 大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ! | 23:31 | - | -
MID-FM 「大ナゴヤ大学PowerUpナゴヤ!」第24回放送
第24回は、「第11回 日本ど真ん中祭り」を実施したばかりの、
水野専務理事と、学生実行委員会代表の舟橋篤志さんをお迎えし
スタートしました。

大ナゴヤ大学のメンバーコーナーでは、「実験室プロジェクト」として
協力いただいている名古屋工業大学 伊藤孝紀研究室で、修士課程で
学んでいる上谷慶太さんが初出演。

そして、最後のコーナーでは、「社会起業支援サミット2009 in 愛知」を
成功させた、和田恵理子さんと、社会人サポーターの「フジモン」さんに
社会起業支援サミットの活動の今後の流れについて説明いただきました。



まず、ど真ん中祭りですが、今年、来場者数も過去最高となりました。

実行委員として頑張った舟橋さんからは、準備の過程について、
多くの揉まれた経験などをお話いただきました。

その後、水野専務理事より、この11年間の活動を振り返っていただくと
ともに、今後について、話していただきました。

「来年、世界最高の参加人数、10万人」を目標にする、と力強い
メッセージをいただきました。

祭りの意義についても触れられ、自分の代のみではなく、何十年、
何百年も続いていく事に価値があることをお話いただきました。

祭りがDNAのように、住む人、参加者、世界中からも認知して
注目されるようになっていくこと、はるかな壮大な夢を語って
いただきました!

大ナゴヤ大学も、将来に向けてずっと続くことを考えていますが、
はるか先まで考えている活動として、微力ですが応援させていただきます。

来年には、大ナゴヤ大学チームも参加する事となりました。
(リーダー:代表は、学生チームを率いてきたパーソナリティーの
行天くんに実施してもらう方向です。)

実験室プロジェクトの上谷さんからは、これからの活動について、
大ナゴヤ大学と研究室でどのようややりとりをしていくかについて
トークを行いました。

内容については、ぜひ録音内容がアップされたらお聞き下さい!

「シンヤスさん、忙しすぎてメールのレスが遅いんです。。。」

すみません! 上谷さん!


最後に、和田さん達の活動です。

今週末の愛フェスにも、学生団体として賛歌するとの事です。

これから、社会起業は大ナゴヤ大学でもテーマであり、一緒に実現して
いけたらいいなぁと思います。

今回も、ニギヤカな時間でした。

何年も先まで続く活動を行っているメンバーが、一堂に会した場でした。

ご出演いただいた皆さん、ありがとうございました。

後ほど音声ファイルがアップされますので、お聴き下さい。
MID-FM「大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ」
| MID-FM 大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ! | 23:23 | - | -
MID-FM 「大ナゴヤ大学PowerUpナゴヤ!」第23回放送
元気な放送のスタートです。

今夜も行天くんの元気なトークからスタート。



今回は、大ナゴヤ人コーナーには、5月に「Made in NAGOYA」の
ハンドメイドの真摯靴をつくる靴職人の鈴木達也さんをお招きして
放送しました。



プライムセントラルタワーに隣接するお店「bonanza」を5月に
オープンしました。

静岡県の富士の麓で育った鈴木さんは、靴に興味があり、販売ではなく
靴をつくることを選びました。

その関係で、靴デザイン・クラフトスクールが名古屋にある事を知り
大学卒業後、名古屋に来たのです。

そして、数々の靴をつくりながら、そして講師として活躍し、
仲間とともにお店をオープンすることができました。

先日も、新聞などでも取材され、私達のメンバーが運営する「名駅経済
新聞」でも取り上げられたことで、認知度が増し、問い合わせや
オーダーなども増えているそうです。

皮を整形する時に左手で支えて引っ張るため、左手の甲の親指とひとさし
指のあたりが異常に発達したそうです。

オリジナルの靴も持参いただきました。ディティールもたいへんこだわった
つくりです。
(ラジオの録音内容をお聴き下さい)

靴も、しっかり手入れをすれば10年以上も持つとの事。

今、こだわりの靴を作っていただくのもいいなぁと思いました。

大ナゴヤ大学コラボshoesもできたら嬉しいです。

大ナゴヤ大学からは、先週、パーソナリティーを行ってくれた
倉橋 岳くんが登場。

こちらは、カキ氷の会の熱い様子を話してくれながら、開校式の
街あるき授業の1つである覚王山エリアの企画について、話して
くれました。





◆shoes bonanza
 http://www.shoesbonanza.com/

後ほど音声ファイルがアップされますので、お聴き下さい。
MID-FM「大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ」
| MID-FM 大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ! | 23:17 | - | -
MID-FM 「大ナゴヤ大学PowerUpナゴヤ!」第21回放送
今回のゲストは、先日のサマセミ2009でお世話になりました、
NPO法人アスクネットの代表理事 白上 昌子さんをお招きしての
放送です。

大ナゴヤ大学からは、【今回はテーマとして話せる内容がある!】と
勢いのある岡本 ナオトさんでした。

行天くんとナオトさん。



ナオトさんは実は、岐阜のコミュニティFMで2年間パーソナリティーの
経験を務めた事があり、キャリアでは行天くんより先輩になります。

一方、私の活動ですが、今週は事務・申請作業などが多く大きな進展が
なかったので、何を話そうか、行天くんと打ち合わせ。



NPO法人アスクネットの白上(しらかみ)代表理事は、今年の5月頃に
代表理事に就任されました。

愛知県の教育・先生派遣やものつくりなどを【教育コーディネーター】と
して早くから実践されています。

白上代表は大手企業とのCSRを通じたモノヅクリ授業、ブランディング
など、関わられた経験があり、初めてのラジオご出演との事でしたが
とっても説明がわかりやすい内容でした。



以前の代表理事の毛受さんとは、シブヤ大学の移転事業がスタート
し始める前からの関係があり、姉妹校ノウハウ移転を行う近藤ナオとは
連絡を取り合っていただいていました。

寺子屋塾などの愛知県との受託の事業や、教育コーディネーター
育成について、話していただきました。特に私学を中心として、
教育には熱心な愛知県だと感じました。



授業コーディネーターのナオトさんとは、実はナオトさんが顧問を
務めている「NGOア∞ス」が、出来上がったばかりの頃に会議室を
お借りしたりした頃から面識があったそうで、思わぬつながりです。



ナオトさんからは、「8月8日夏まつり企画」に関しての紹介をして
いただきました。

今回は、ボランティアメンバーと10人で創り上げている内容で、
豊富なアイデアや皆が手探り状態でもワクワクしながら進めているのが
伝わってきます。

本当にボランティアスタッフのメンバーのやりとりも盛んで、良い
取り組みになっていると感じます。

これから受付もどんどん行っていくのでぜひご参加下さい。

今日も元気な放送でした。

記念撮影。カットごとにポーズや身につけているものが違います。。。





後ほど音声ファイルがアップされますので、お聴き下さい。
MID-FM「大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ
| MID-FM 大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ! | 10:52 | - | -
MID-FM 「大ナゴヤ大学PowerUpナゴヤ!」第20回放送
ラジオ放送も20回目を迎えることができました。

今回のゲストは、CANPAN(日本財団)の2008年CSR大賞となった、
日本で唯一の手作りレンガの会社であり、教育にも非常に熱心な
有限会社ワッツビジョンの横井 暢彦さんをお招きしました。

大ナゴヤ大学からは、観覧車授業を企画した三田ひなこさんです。



前回は、協議会で欠席でしたので、久しぶりのラジオでした。



さて、今回の大ナゴヤ人ゲストコーナーの「ワッツビジョン」さんに
ついてです。

このCSR大賞では、グランプリをとられたのですが、2位、3位が
大阪ガス、サッポロホールディングスと超有名企業に大差での
受賞ですから、本当に凄い事だと思います。

※CANPAN 第2回CSRプラス大賞についてはこちらから。

横井代表は地域への貢献として教育(私学の父母懇親会の会長、
瀬戸のキャリア教育、サマーセミナー、アスクネット)などに
精力的に関わられています。

また、女性の就業機会という面においては、お母さんたちが
働きやすい会社としての施策を社会社にひいていて、成果を達成
したら、早く会社を帰っても良く、給料も対価に対してきちんと
支払う形の取り組みを行い、「はたらきやすさ」においても
配慮されています。

「教育には垣根がない」とおっしゃって下さいました。



「夢たまご」など、オリジナルグッズの取り組みも行われているので
Webでチェックして下さい。

アツイ思いで教育や人づくり・街づくりに関わっていく面で、本当に
理想としています。



今回も全員で撮影です。お疲れ様でした!

◆有限会社ワッツビジョン
 http://www.clays.co.jp

◆前回(第19回)もアップしました。(レポート:倉橋 岳。7/27掲載)

音声ファイルがアップされていますので、お聴き下さい。
MID-FM「大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ

※当ブログは7月27日に作成しました。
| MID-FM 大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ! | 23:50 | - | -
MID-FM 「大ナゴヤ大学PowerUpナゴヤ!」第19回放送
学長不在の7月16日(木)の放送はこのメンバーでお届けしました!

「今頃“名古屋駅前街づくり協議会”若手の会で講師として
スピーチをしているシンヤス学長〜。
こっちも頑張ってますよ〜☆」と一同。



左から、
原田さとみさん
パーソナリティ行天くん
学長の代打で登場、岳
ゲストのJICA江口由希子さん



ポフっとヘッドホンを装着し気合も十分!
パーソナリティー行天くんの本番スイッチが入りました。
さぁいよいよオンエアスタート!



今回の大ナゴヤ大学〜Power up ナゴヤ〜大ナゴヤ人のコーナーゲストは、
JICA中部よりお越し頂きました、
子育ての国際協力「外国人親子の子育てサロン」代表、江口由希子さんです!
お相手には行天くん、岳、そして
JICA中部なごや地球ひろばサポーターでもある副学長の原田さとみさんも参加です。



江口さんは以前、トンガ共和国にて青年海外協力隊として支援活動をされていました。
専門分野は体育と言うことで、まず体を動かす事を教えることになったそうですが
本当のテーマは“ダイエット”だったそうです!

え!?貧しい国なのに肥満が問題になっているのっ?と一同びっくり。
物資や食べ物は飽食のニッポンと比べて勿論少ないそうですが、
近年急速に西洋文明化したことによって人々の食生活は乱れ肥満が問題になり、
政府も懸念していると教えてくださいました。

でも、運動してやせる事も子供達にとってはみれば“遊び”ですね!
楽しんでジャンケン、馬跳び、リレー競争など彼らにとって新鮮で全く新しい
遊びを一緒に楽しんで学んだそうです。



その他いろんな話を聞きながら、こちらもいろんな質問をさせて頂きました。
行天くん、さとみさん、岳と三人とも皆海外で生活をした事があり
話題や質問は途絶えることなく
気がつけばエンディングになってしまったと言う
本当にアッという間の一時間でした!
江口さんどうもありがとうございました!

放送内容は全て後日、こちら↓で聴いて頂けるので是非チェックしてみてください☆
http://www.voiceblog.jp/dainagoya-univ/

レポート 授業コーディネーター 倉橋 岳

※当ブログは7月27日に作成しました。
| MID-FM 大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ! | 23:31 | - | -
MID-FM 「大ナゴヤ大学PowerUpナゴヤ!」第18回放送
第18回放送。

「万博村の会」の代表として、モリコロパークの活性化と国際交流
イベントに取り組む、「へーほー」さんこと柴田 麻美(あさみ)さんを
お迎えしました。

今日は最初から元気、元気、元気です。

すっかりご機嫌のパーソナリティー行天くんからスタート。



スタジオ入り待ち合わせの時から元気なへーほーさん。



今日は、来る途中に、「やらかして」しまったそうです。



大爆笑。



少し真面目な話をしながら、



また爆笑。



さらに爆笑。



やっぱり爆笑。



交流イベントのきっかけについてとなる、アンケートについてを
話している時は真剣です。



「万博村の会」のへーほーさんは、モリコロパークでの「愛・地球博」が
終了してから、ずっとその活動の有意義な内容を終わらせてはいけないと
活動してきました。

明るさ、元気を保ちながら、仲間とともに取り組んでいます。

NPO法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクトの鶴田代表からご紹介
いただきましたが、それ以後、本当に親身になって多くの方々に
紹介いただいたり、愛知県とのパイプをつないで下さったりしています。

ある会議で60団体程集まる会議がまったくまとまらないままであった時、
「皆が笑顔でなければ」と重要な発言をされた事によって、それまでの
雰囲気がガラっと変わったのですが、その時、そう言えるようになるには
会議まで数年かけて持ちかけてきた並々ならぬ努力からくる勇気が
もたらしたものだったと思います。

僕らの方にもその元気をいただいています。

今日は、岳くんも、原稿を持ってきて、観覧車授業の次回の交流会
「ノミニュケーション」について紹介してくれました。



観覧車の授業に生徒として抽選に見事通り、参加したへーほーさんも
参加しての会話となりました。



今日は最後のコーナーを利用して、以前にブログでも書きました
池下の厚生年金会館に取り付けられていた「緞帳」について、
経過報告と、7月18日(土)に取り外して保管するところまで
来た報告とこれからの活動に関する案内をしていただく事になりました。

アースデイ愛知で活躍した唐木志穂さん、呼びかけ人の犬飼 理さんが
駆けつけて下さいました。



この緞帳、1日で10センチしかできない程のものだったそうです。
3,000万〜5,000万は製造にかかっているのではないか、という事。

次の利用先が決まるまで、粘り強く交渉し、京都の制作した会社にまで
どんなものかも聞きに行かれたそうです。



今は、大ナゴヤ大学としてできる事は、周知のきっかけをお手伝い
する事、世代を超えて応援いただいている方にこの件について
案内させていただく事しかできておらず、心苦しかったのですが、
イベントの周知と案内をさせていただく事ができました。

今日、へーほーさんの会と、7月18日に緞帳の保管に関する祭りとしての
後世へ残していこうとしている活動を、私達よりずっと年代が下の
メンバーが取り組んでいることを、「世代を超えた応援の橋渡し」と
いう事で、急遽実施させていただきました。

それも幸運で、緞帳に関して活動しているメンバーがスタジオ近くに
居た事から、急なスタジオ参加依頼にも対応いただく事ができました。

最後は、元気なポーズで記念撮影。



お疲れ様でした。

笑いの内容について、聞き逃した方はぜひ録音がアップされたら
お聴き下さい。

緞帳の件についても、アップされましたら、ぜひ皆さんに聞いて
いただく内容として、ご活用下さい。

音声ファイルがアップされていますので、お聴き下さい。
MID-FM「大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ

| MID-FM 大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ! | 22:57 | - | -
MID-FM 「大ナゴヤ大学PowerUpナゴヤ!」第17回放送
第17回放送は、自転車でのイベントを行なうNUTS!の代表であり、
先日の自転車授業の先生をしていただいた、鈴木謙太郎さんを
ゲストに、メンバーからは企画統括の高橋さんを迎え、生放送
しました。



「え?そんな所まで自転車でいくの?! 〜Share the road. 自転車でピクニック!〜」

とっても面白い授業でしたが、その時の興奮や楽しさ、アイデアの
ポイントなどをお話いただきました。



鈴木謙太郎さん(ずっきさん)は、数年前から自転車を楽しむことを
目的に毎月第3土曜日にNUTSさんのイベントを行なっています。



自転車でしか参加することのできないフェスなども開催されています。

素敵なイベントで、自転車が自然と楽しくなる事を心がけているとの
事で、本当に参考になります!

パーソナリティーの行天くんも、先週より始まった学内での講演会が
続いていて、昨夜も絶好調でした。



企画の高橋さんも、大事にする授業の雰囲気などを話しています。



最後は自転車のポーズで!





ずっきさん、楽しい授業をありがとうございました。そのように
考えた理由・きっかけなども率直な目線で話していただき、
有難うございました。

◆参考サイト NUTS!fes  
  http://nuts-fes.com
※今度はトヨタのフェスに自転車でメンバーと出かけるそうです!

音声ファイルがアップされていますので、お聴き下さい。
MID-FM「大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ!」
| MID-FM 大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ! | 13:37 | - | -
MID-FM 「大ナゴヤ大学PowerUpナゴヤ!」第16回放送
第16回放送は、愛知県指定訪問介護事業「有限会社てとてと」代表、
食養指導士の熊代(くましろ) 維勢子さんを「大ナゴヤ人」ゲストに
お招きし、新しいスタジオでスタートしました。



オープンキャンパス終了後の放送として、気合十分です。

パーソナリティーの行天くんも、完璧なオープニング!
(当日、大学で同じ学生さんに向けてスピーチをしたという事で、
 勢いがありました。)



熊代さんは、3/14の「Think ナゴヤ」に参加いただきました。

ワークショップで共有のセッションを一緒にさせていただきましたが、
「素敵な気」の満ちた、たいへんお元気な方とお見受けしました。

5月9日に、なごや環境大学の講座として、食育に関する講座に参加させて
いただき、それ以来、すっかり私も、青汁(野菜ジュース)や発芽
玄米の魅力に魅せられました。

その講義の時も、足を大やけどされていたのですが、とっても元気で
活発な説明でした。

「今からが大事。」、「予防医学として」食養療法に関して、広げて
いきたいという思いをもたれています。



また、熊代さんが持つ気の満ち足りた雰囲気が周りに影響するのか、
今日のスタジオでの生放送は、体の底から発するような勢いが
全員にありました。



「てとてと」には、昭和56年から介護をしてきた「手」と「手」による
気の力を大事にした意味も込められているそうです。

熊代さんとお会いしていますと、「年齢は関係ない」という勇気を
いただきます。

その為に、「白いものではなく黒いもの」を体に取り入れ、体から
出して、そして入れる、という事を、日本の古来の食事を行うことで
体の芯から元気になるのだ、という事が伝わってきます。

特に認知症の方達の介護をしていて、食事を変えていく事ですぐに
効果が出てきたことなど、「実績」が物語ります。



ういろう授業のコーディネートの谷さんも、「ういろう」に関する
授業についての話をして下さいました。



8月6日には、雀おどり總本店の古橋社長がゲスト出演して下さいます
ので、その時もぜひお聴き下さい。

新スタジオ、オープンキャンパス後の勢い、そして熊代さんが発する
気持ち良さで、今回も非常に有意義な時間となりました。



終了後、新栄の駅でお見送りの際の握手。とっても力強いものでした。
朝一番での東京出張から、そこから戻ってのラジオご出演、有難う
ございました。

前回の横島 龍魔さんの放送では自然の力により植物が育つ力、そして
今回は「生きた力」を「採り入れる」お話とつながったように思います。

◆有限会社てとてと
 http://www.tetoteto.jp./

音声ファイルがアップされていますので、お聴き下さい。
MID-FM「大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ!」
| MID-FM 大ナゴヤ大学 Power Up ナゴヤ! | 09:47 | - | -





goodia





CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES