大ナゴヤ大学 
「ういろう」授業の古橋 孝太先生による寄稿
先日、「『 大ナゴヤ大学通信 』 mail版 〜 2009.7.3号 〜」を
発行しました。

その中で、オープンキャンパス授業「名古屋名物シリーズ:
“ういろう”の魅力と未来を考えよう!」の先生として、
授業の機会と先生、ういろう各社に及びかけをして下さった
古橋孝太さん(株式会社 雀おどり總本店 代表取締役)より
寄稿いただいた内容を案内いたしました。

その内容を、当ブログにも掲載させていただきます。

………………………………………………………………………………

こんにちは。

6月13日のオープンキャンパスで、「ういろう」について
講師としてお話させていただいた 蠖おどり總本店 古橋孝太です。


運営スタッフの皆様・甲斐みのり先生・なごや娘歌舞伎の市川櫻子さま。
ボランティアスタッフの皆様・そして何より受講いただいた生徒の皆様。

今回はすばらしい機会をいただきましたこと、
われわれ「ういろ屋」にとって夢のような時間を共有できたこと感謝いたします。

おかげさまで、ういろうが、名古屋を代表する文化として、
これまで多くのファンの方に支えられていることを実感できました。

・・・・・・・・・・・・・

初めて原田さんと加藤さんがお店にいらしたのは、
まだ春先の3月ぐらいだったでしょうか?

お話いただいた時には、
伝統文化として「ういろう」 に興味持たれた方がいることを
半分不思議なキモチでお話を聞きました。

なぜなら、「ういろう」が、名古屋みやげであることは、
全国的に誰もが知っている紛れもない事実です。

しかし、名古屋を代表するはずの「ういろう」は、
赤味噌で食べる味噌汁や味噌煮込み・おでん・
櫃まぶしや味噌カツなどと較べると日常的に食べているわけでもありません。

お土産で買ったことはあるけれど、
それほど食べた記憶は…?

一般的であるのに、日常的ではない。

このギャップは、ういろう屋として常に感じているところでもありました。
また、いつか「なんとかしたい」課題でもありました。

でも、私だけでは、まだなんともなりませんでした。

和菓子屋を一生の職にしようと決めた時から、
気がついたら10年も過ぎてしまっていました。


だから、大ナゴヤ大学プレ講座の開催が具体的になったときに
私一人では、力が足りないとを感じて、
大須ういろさん・青柳総本家さん・餅文總本店さんにお力添えをお願いしました。

競合企業4社の合同企画ということで、
運営スタッフの方も当初実現可能なのかと驚かれていました。

当初の私と一緒で半信半疑ながらも、
それでもウチの店に集合して準備の機会を持ってくれました。

それぞれのお店の歴史から現在の商品構成に到るまで、
これまで何代も切磋琢磨してきた時間を突き合わせてみることができ、
スタッフの話とわれわれの気持ちが融けあうまで、
それほど時間はかかりませんでした。

確かに、現実的には難しい面もあったのでしょうが、
日ごろ親しくしている仲間でありますし、
せっかくいただいたチャンスを分け合って、協力したことが、
受講生の方に、喜んでいただける結果になったのではないかと今も考えております。

また、東京からお菓子研究家の甲斐みのり先生からのコメントと
なごや娘歌舞伎の市川櫻子さんの「ういろ売り」の口上が圧巻でした。

また、受講生の皆さんが、笑顔で次々とういろの新製品や
アツアツのういろをほおばっていただく姿。
興味深深で質問いただけることが、何よりも嬉しかったです。

日ごろ出会うはずのなかった私達は、
「ういろう」を共通のテーマに様々な角度の切り口で楽しんで交流ができました。

打ち明けますと、授業が終わり、
みなさんがお帰りになる時には、並んだ私たちの方が名残惜しいような、
もっとお話していたいようなサビシイ気持ちになっていました。  笑


今回の授業は、私たち提供する側に
あらためて「しごとの役割」について、考えさせてくれました。

授業終了時点では、疲れよりもエネルギー満タンでした。

自分の仕事が、こんなに多くの方の「笑顔」につながっていたことが嬉しくて、
一緒に考えて、一緒に行動する、 一緒に悩み、一緒に成長するような、
仲間が増えたらいいですね。

あちらこちらで反響もあるやも知れませんが、
まずは、いただいた期待を返せるように頑張ります。

ありがとうございました。

◆名古屋名物シリーズ:“ういろう”の魅力と未来を考えよう!
 http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/detail/6
| 大ナゴヤ大学通信 mail版 | 10:38 | - | -
『 大ナゴヤ大学通信 』 mail版 〜 2009.6.1号 〜
大ナゴヤ大学通信 mail版 第1号を発行しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 大ナゴヤ大学通信 』 mail版 〜 2009.6.1号 〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※大ナゴヤ大学からのお知らせ(大ナゴヤ大学通信)へご登録頂いた皆様に、
授業などの最新情報をお届けするメールマガジンです。

< 2009年6月13日(土)。大ナゴヤ大学オープンキャンパス!! >

みなさん、こんにちは。
大ナゴヤ大学 学長の加藤 慎康(シンヤス)です。

ホームページ開設後、多くの方々に学生登録とオープン
キャンパス授業申し込みをいただきました。

ホームページ開設のアナウンスを行うまではドキドキで
授業コーディネーターのメンバーも現在の状況に
ほっと胸を撫で下ろしています。

初めてのオープンキャンパスという事で緊張もしていますが
その日初めてお会いする方々に、ナゴヤで楽しんでいただければと
思っています。

さて、初めてのメルマガです。

今日はオープンキャンパスとボランティアスタッフ募集のお知らせ
です。

………………………………………………………………………………

1.【 6月13日(土)】オープンキャンパスのご案内
↓申し込み締め切り6月1日(月)本日正午までとなっております。

………………………………………………………………………………
<6月13日(土) オープンキャンパス授業一覧>

◆大ナゴヤ大学についての紹介はコチラ:
http://dai-nagoya.univnet.jp/abouts/organization/

◆オープンキャンパスの授業一覧はコチラ:
http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/

………………………………………………………………………………
【社会】

◆ナゴヤのど真ん中で世界一周! 〜1周15分で、あなたは親善大使〜

2009年06月13日(土) 10時00分 〜 12時30分
教室:SUNSHINE SAKAE
ナゴヤ在住外国人(ナゴヤ大好き外国人)
クリス・グレン(ラジオDJ/日本歴史研究家)

http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/detail/4

今回、記念すべき最初の授業のガイダンスをタレント・ラジオDJの
クリス・グレンさんに行っていただきます。

生のクリス・グレンさんの美声により、授業がスタートします。
あなたのパートナーの外国人はどこの国の人でしょう?

………………………………………………………………………………
【体育】

◆え?そんな所まで自転車でいくの?!  〜Share the road. 自転車でピクニック!〜

2009年06月13日(土) 11時00分 〜 14時30分
教室:名古屋テレビ塔 タワースクエア(Tower Square)
鈴木謙太郎 & NUTSメンバー

http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/detail/5

NUTSの皆さんと楽しく授業がスタートします。
スタート地点は、なんとテレビ塔! 普段は自転車乗り入れはとてもできません。
特別に、利用をさせていただきます。

あなたは、どんなパートナーと街へ出かけるのでしょう?

自分の好きな自転車で、ピクニックに。

※レンタサイクルもご用意いたします。抽選終了後、お申し込み下さい。

………………………………………………………………………………
【食】
名古屋名物シリーズ:“ういろう”の魅力と未来を考えよう!

2009年06月13日(土) 17時00分 〜 20時00分
教室:雀おどり總本店 本店
古橋孝太(株式会社 雀おどり總本店 代表取締役)
甲斐 みのり(文筆家)

http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/detail/6

栄ミナミのとても素敵な空間。

そこで、ういろうについて、魅力を知りながら未来をみんなで
考えます。

甲斐先生は、なんとこの企画に喜んで参加して下さるとの事で、
東京からお越しいただきます。

そして、授業には、業界初のういろうのナゴヤで有名なあの会社も
あの会社も、フラットな目線で参加していただく事が決まりました!

………………………………………………………………………………

2.ボランティアスタッフ若干名募集

………………………………………………………………………………
◆【ボランティアスタッフ募集&説明・交流会のご案内】

大ナゴヤ大学では、関わっていただくボランティアスタッフを
若干名、募集しています。

また、今回は記念すべき、大ナゴヤ大学授業企画の第1回目の
試みとして6月13日オープンキャンパスが行われる前の集まりとして、
ボランティアスタッフ説明・交流会を企画しています。
(6月3日・6月6日)

「改めて大ナゴヤ大学の説明を聞きたい☆」

「授業コーディネーターに直接質問してみたい☆」

「他のボラスタメンバーと事前に仲良くなりたい☆」等、

どのような参加理由でもどうぞお気軽にお越しください。

【開催概要】

形式:一部:説明会、二部:懇親会

日時: ・6月3日(水)19:00頃〜21:00頃

・6月6日(土)19:00頃〜21:00頃

場所:名古屋市中心地(検討中)

持物:特になし

※ 6月3日、6日のいずれか一日を選んでください。

◆ボランティアスタッフの申し込み方法
↓下記をご覧いただき、メールにてお問い合わせ下さい。
 その上で、説明会の詳細をご案内いたします。

http://dai-nagoya.univnet.jp/relations/volunteer/ 

担当:授業コーディネーター 倉橋 岳(がく)

※授業申し込みをされている方でも、ご登録いただく事ができます。
 将来は、授業コーディネーター、先生などの道もあります。


………………………………………………………………………………

3.設立支援サポーター募集のお知らせ

………………………………………………………………………………

大ナゴヤ大学は、現在、皆様からの寄付金により運営されて
います。

今後は、企業協賛・行政とのコラボレーション授業などを通じて
運営を行っていきますが、まずはスタート段階は、市民の皆さんから
400人のサポーターを募集しています。

ご賛同いただいた方には、お名前などをずっと生涯に渡り大ナゴヤ
大学のサイトに記載させていただくとともに、大ナゴヤ大学サロン
(有料)、開校式への招待などをさせていただきます。

◆詳しくは下記をご覧下さい:
http://dai-nagoya.univnet.jp/support/

………………………………………………………………………………

4.大ナゴヤ大学「席の譲り合い運動」のお願い

………………………………………………………………………………
※参考:姉妹校シブヤ大学のデータより
事前申込倍率 :約 2.7 倍
当日の出席率 :65%(昨年平均) 

今年の4月で、延べ参加人数が約11,450人になったシブヤ大学。
データを見てもわかりますように、多くの人にご参加いただいている中、
それと同時に参加できない人もいます。

大ナゴヤ大学も、これから授業を数を増やしていきたいですが、
少人数のスタッフで一つひとつ丹念に作っているため、
一気になかなか増やせないのが、現状です。

そこで、当日の授業に当選されたみなさんにお願いです。

もし授業に参加できなくなったら、授業の週の月曜日までに
PCにてキャンセルをお願いします。

当選した授業が複数あったり、急に都合が悪くなってしまったり。
予期せぬできごとはつきもの。
ご連絡いただいた席は、再度募集をし、次の方にバトンタッチしたいと思います。

とは言え、せっかくの当選。
みなさんに会えるのを楽しみにしています。

もちろん遅刻は厳禁ですよ!
それでは授業当日、教室で会いましょう。

………………………………………………………………………………

5.はじめての大ナゴヤ大学通信

………………………………………………………………………………
今回、初めての大ナゴヤ大学通信を作成しました。

これから、皆さんとどんどん関わって、ナゴヤの魅力を再発見すると
ともに発信できるようにしていければと思っています。

授業は、抽選で、また先生・生徒やスタッフの交流を大事にしている
関係上、30人前後の方々にしかご参加いただく事ができません。

もし抽選に惜しくも漏れてしまった方々も、これに懲りずにぜひ今後も
ご参加下さい。

そして、「ボランティアスタッフ」として周りの人たちと楽しく参加
する方法もありますので、可能な方はぜひお申し込み下さい。

ナゴヤの街を元気に。まだまだ私たちは小さな活動ですが、授業を
通じて、そしてこの活動を継続していく事で、やがて「私たちの大学だ」と
言ってもらえるような活動を進めていきます。

2月に学長になる事を決意してから、不安との戦いでした。

多くの方々に支えられ、ホームページのオープン、そして沢山の方々の
学生登録・授業申し込みをいただき、本当に嬉しく思います。

これからも大ナゴヤ大学をよろしくお願いします。
(加藤 慎康)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【大ナゴヤ大学】http://dai-nagoya.univnet.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
| 大ナゴヤ大学通信 mail版 | 00:29 | - | -





goodia





CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES