大ナゴヤ大学 
学長卒業のあいさつ。そして、新しい学長へのバトン。

大ナゴヤ大学の皆さん、こんにちは。
この度、加藤幹泰(みっきー)は2017年6月をもって
4年間務めさせていただいた学長を卒業しました。

 

大ナゴヤ大学としても今年の9月で8周年を迎えます。
自分が2代目学長として活動を続けていく中で、「学び」のテーマも、
まちのこと、働き方、暮らし、デザイン、里山、歴史・文化、公共空間など、
関わる様々な人達によって新しい学びの領域が広がり
たくさんの学びの場がナゴヤのまちの中に生まれました。

 

また中には、大ナゴヤ大学の活動や出会いを通じて
学びの場を飛び越え、自ら仕事をつくる、仲間と新しい活動をつくるなど、
面白いコトをつくる人たちの姿も多くみることができました。

 

4年前、新しいコンセプト「ナゴヤを面白がる人を増やす」を掲げ、
新しい視点を持つことや、行動までも面白がってできる人を増やしたいと
皆さんの力を借りながら続けてきたことが、カタチに現れてきていることを実感でき、
大ナゴヤ大学メンバー一同嬉しく思っています。

 

個人的な成長としても、
「ナゴヤが嫌い」から好きになりたい一心ではじめた学長ですが、
皆さんと同じ生徒さんの目線で、このまちを楽しみながら多くのことを学びました。
今では大ナゴヤ圏の魅力をさらにもっと多くの地元の人、外から訪れる人にも届けたいと
新しく大ナゴヤツアーズという事業をこの春に立ち上げ、日々動き回っています!

 

4年間、学長を務めさせていただくことで大きな成長ができました。
個人、法人の想いとしても次の若い世代に学長のバトンを渡し、
新しい成長や活動のチャンスを広げてもらいたいと思っています。

 

新年度からは、これまで事務局長を務めていただいた
大野嵩明(たかさん)に代表理事を担っていただき、
面白い活動だけでなく、更につよい組織・法人としての体制をつくっていきます。

 

また新学長に、山田卓哉(ヤマタク)をむかえ、
平成生まれの若い世代がみる、大ナゴヤ大学をリードしていってもらいます。
自分は今後、理事として、4年間の学長経験から楽しいこと、大変なことを伝え、
新しい学長ヤマタクが築いていく大ナゴヤ大学をサポートしていきます。
ヤマタク学長はどんな彼らしい新しいコンセプト、ビジョンを掲げ
新生大ナゴヤ大学を皆さんと一緒につくっていってくれるのか楽しみです!

 

最後になりますが、
4年前、右も左もわからない自分に
「好きにやってみな」と無責任とも思えるほど自由に
考え、行動するチャンスをいただけたことに本当に感謝しています。
そして、そんな自分に共感、時には叱咤激励もいただき、
これまで大ナゴヤ大学を一緒に盛り上げていただいた
皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 

新体制になりますが、
引き続きこれからも大ナゴヤ大学をよろしくお願いします。

 

大ナゴヤ大学
学長 加藤幹泰

| 学長日記 | 12:00 | comments(0) | -
大ナゴヤ大学 インターン生募集します!

ナゴヤを面白がる人たち3700人と出会える。
名古屋のまちづくりの活動を支えるサポートをお願いします。


NPO法人大ナゴヤ・ユニバーシティー・ネットワークの仕事を手伝ってくれる
インターンシップ生を募集します。
 
□ “まちづくり”“地域活性”の仕事に興味がある
□ “生涯学習”に関心がある
□ 学生時代にいろいろな人とのつながりをつくりたい
□ 興味の幅が広くて、多彩な経験や知識を積みたい

 
という人は、ぜひこの案内を最後まで読んでみてください。
 
“ナゴヤを面白がる人を増やす”活動をしています。
 
知っている人もいるかもしれませんが、まずは大ナゴヤ大学のご紹介から。
 
大ナゴヤ大学は、“大学”という名前のとおりナゴヤで“授業”を開催する市民大学です。
今年の9月で開校6周年を迎えます。
大ナゴヤ大学の授業は、普通の学校で受ける授業とも、公民館などで開かれる行政のセミナーとも、ずいぶん違います。
 
たとえば、
○ ロック命の会社員や、ジャズ大好きなうどん屋店主が先生の音楽の授業
○ 伝統芸能「狂言」の演目や演技の仕方を学ぶ授業
○ 街中のモザイク壁画を見て回るまちあるき授業
○ ノリタケの森の広場一面にダンボールででっかいお城づくり授業
などなど…







どうです? 「ちょっと行ってみたい」と思えるテーマばかりじゃないですか?
大ナゴヤ大学の授業で取り上げるのは、街の魅力的な「ヒト・モノ・コト」。
街の魅力を見つけては、それを楽しみながら学べる授業にする。
ここでは、誰でも生徒にも先生にもなることができます。
6年間で303回の授業を開催し、321人の先生、3741人の生徒さんに関わっていただきました。(2015年7月21日現在)
 
楽しい学びを通して、名古屋を元気にしている団体として応援していただいています。
行政や企業ともコラボレーションして、名古屋で開催されるイベントのお手伝いをしたり、
自分たちでプロジェクトを起こしたりもしています。





また、自分の知らなかった街の魅力を知ると、街にもっと愛着が湧いたり、
他の誰かに話してみたくなったり、時には、街の抱える課題に気付いたり。
そんな中で、自分でも授業を作る人、名古屋のお祭りに参加してみた人、
街づくりに関わる仕事を始めた人も出てきています。
授業での「ヒト・モノ・コト」との出会いをきっかけに、街のことが身近になり
「自分も何かしてみようかな」と挑戦してみたくなる。
 
こうして街を楽しんだり、活動を起こしたりする「ナゴヤを面白がる人」を増やすために、
どんな授業ができるか、どんなサポートができるかを考えて活動しています。
 
ヒトやコトとの出会いがあなたの視野を広げてくれる
 
大ナゴヤ大学に関わる人は2040代の社会人が中心です。
生徒さんとして、ボランティアスタッフとして、大ナゴヤ大学に参加しています。
大学生のインターンシップを受け入れた実績もあります。
以前、大ナゴヤ大学でインターンシップをしてくれていた大学生(3年生男子)に聞きました。



「はじめはイベント系の楽しそうな団体だと感じて、ここでインターンしようと決めました。
そもそも“NPO法人”って普通の会社とどう違うかもよく分かりませんでしたが、
大ナゴヤ大学には、年齢も仕事もバラバラの人たちがボランティアで関わっていて、給料を稼ぐ仕事でもないのに頑張っている。しかも楽しそうに。こんな組織があるんだと驚きました。
本当にたくさんの出会いを通して、視野が大きく広がったと思います。
実務では、名城公園の利活用を考える仕事にも関わらせていただいて、行政の方とのやりとりから、都市の公園がどうやって運営されているのか、お金がどのくらいかかっているのか、どんな課題を抱えているのか、考えること気付くことがたくさんありました。
名古屋で一度も行ったことがない場所にも行きました。まちなかの何気ない場所に歴史的な面白いものがあったりするんですよね。たくさんの新しい発見が嬉しかったです。」
 
大ナゴヤ大学は、ボランティアスタッフ(通称「ボラスタさん」)や先生をしてくださる、
大勢の市民の方に支えられています。



ボラスタさんは、営業マンに広告関係者、塾講師に大学事務員、デザイナーに公務員と、
普段のお仕事はいろいろ。年齢層も幅広く、それぞれの背景や価値観を持っています。
夜になるとボラスタさんが事務所で熱心に議論を交わしていることも日常茶飯事です。
ミーティングを見学するだけでも、勉強になるかもしれません。
また、授業の先生の中には、名古屋の伝統芸能を牽引する人、斬新な発想で独自の事業展開をしている人、
伝統産業を守る職人さんなどこちらも多彩。

大学やバイトでは出会えない人たちとの出会いが、これから何をしたいかと漠然と考える
あなたに刺激を与えたり、新しい発見のきっかけになるでしょう。

 
そして、ヒトも含めた、たくさんの自分の街の魅力を見つけるチャンスにあふれています。
授業のテーマは、「まちづくり」はもちろん、「食」「音楽」「スポーツ」
「アート」「コミュニケーション」「ものづくり」など多岐にわたります。

様々な切り口から街を見つめてみると、そこには思いがけない“面白さ”との出会いが必ずあります。
そして、なかなか気付かれにくい魅力をいかに“楽しく”“面白く”授業にするかは、
大ナゴヤ大学の得意分野であり腕の見せ所です。
生徒さんにとって印象深く面白い授業の作り方も、インターンシップのひとつの学びにしてもらえると思います。





 
あなたにお願いしたいこと
 
インターンシップでお願いしたいことは主に以下のとおりです。
 
 大ナゴヤ大学事務局のサポート
  授業運営やボラスタさんへの連絡、各種事務手続きなどのお手伝いをしてください
 マニュアル整備
  現在、授業運営などのマニュアルを整備する予定です。一緒にマニュアル作成をしてもらいます。
 授業のお手伝い
  大ナゴヤ大学の授業の手伝いをしてください(開催が基本的に土日になるので、参加可能な時で大丈夫です)
 授業以外のプロジェクトのお手伝い
  大ナゴヤ大学では、授業以外にも様々なプロジェクトに関わっています。
  11月に開催される名古屋の歴史と文化の祭典「やっとかめ文化祭」に向けたお手伝いをしてもらう予定です。
  http://yattokame.jp/
 (2014年度のやっとかめ文化祭HP)
 
実際にお願いするお仕事は、主に事務的な作業になります。
イベント系の華やかなイメージを持ってくると、少し地味に感じるかもしれません。
ですが、楽しい活動を続けるには裏方のサポートが必要不可欠です。
大ナゴヤ大学では、
ボラスタさんたちの支えがあって、活動が成り立っています。
また、生徒さんやボラスタさんなど、大勢の人を巻き込む活動を動かすには、
「楽しいこと」だけではダメで、「運営すること」がとても大事です。
その上での事務的な仕事は活動の大きな支えとなります。
事務作業を通して、社会人の基礎能力を高めるとともに、
団体を運営する上で大切なことに気付くこともあると思います。
あなたにとって、思考の幅と能力の両方を伸ばす機会にしてほしいです。
 
インターンシップで得られる経験
 
まとめると、インターンシップを通して、こんな経験をしてもらえます。
 
□ 街の魅力的な「ヒト・モノ・コト」との出会い
  日常生活では知る機会がないかもしれない、街の魅力を知る機会に溢れています。
□ 社会で活躍する「ナゴヤを面白がる人」たちとのつながり
  ボラスタさん、授業の先生など、社会人として働きながらボランティアでもイキイキと活動する人たちとのつながりができます。
多種多様な業界、職種の人の価値観や働き方に触れられるチャンス!

□ 組織運営を間近で見て、経験できる
  大ナゴヤ大学の事務的な仕事に関わり、団体の動かし方や、イベントの企画・運営方法など
社会でも役立つ知識や能力を身につけてもらえます。

 
大学生の皆さんは、将来を考えて「自分に何ができるんだろう??」と悩んだり、
どんな道に進もうか迷うこともあるかもしれません。
幅広いテーマについて学びの場を提供する大ナゴヤ大学には、
新しい気付きを得るチャンスがいつでもあります。
もしかしたら、あなたもまだ気付いていない「自分のしたいこと」「自分に合うこと」を見つけられるかもしれません。
また、「面白がる」という視点は、これから先、どんな道に進んでも必ず役に立ちます。
 
大ナゴヤ大学の「ナゴヤを面白がる人」を増やす学びを体験しながら、
一歩社会に踏み込んでみたい人。ご連絡お待ちしております。
 
[ 募集要綱 ]
募集対象/大学生
勤務場所/大ナゴヤ大学事務所(名古屋市中区大須3-42-30 ALA大須ビル 201
※地下鉄 上前津駅8番出口から徒歩5
※授業のお手伝いをしていただく際は名古屋市外になる場合もあります
勤務頻度/週3日程度 
10月後半〜11月にかけて多めに勤務をお願いするかもしれません
勤務時間/10:0018:00 ※応相談
□交通費 /実費支給
応募方法/
応募フォームに入力下さい。

https://pro.form-mailer.jp/fms/6517970c53770
*******************************************
 問い合わせ先/
dai-nagoya@univnet.jp
070-5459-8213



 
| 学長日記 | 19:10 | comments(0) | -
FM愛知出たー!
こんにちは。みっきーです!

いま名古屋テレビ塔に街の面白い情報が集まる観光案内所をつくるプロジェクトを進めています。

詳細はまた書きます^_^

簡単に言うと、プロジェクトを応援してくれる人をつのり資金をあつめています。

その取り組みをFM愛知さんで取り上げていただきました!



えこさんの話し方ってめちゃ綺麗。
一方、おいらは音こもってた。笑
気合いだけ入れて話しました!

放送していただけるのは嬉しい。
でも、恥ずかしい。

案の定、事務所のメンバー全員が手を止めてしっかり聞いてくれました。



収録していたものだったので、
僕も一緒に聞いていたんだけど、
メンバーの1人が

これ生放送です?

って天然発言をしてくれました。
僕はここにいるよ。

支援金集まりますように!
みなさん、よろしくお願いします。

みっきー
| 学長日記 | 18:55 | comments(0) | -
NAMO.新メンバー あやちゃん
こんにちは。みっきーです!

新プロジェクト、NAMO.の4人目のメンバーを紹介します!

西井彩花(ニシイアヤカ)さん
あだ名:あやちゃん



ルーと同じ地域コーディネーターという仕事を頑張ってくれています。

彼女は面接の時から、まちづくりの仕事がしたい。
と強い気持ちをもってきてくれました。心強い若者がでてきた!と関心したことを覚えてるなー。

ボランティア経験もあって、
自分がやりたいことであれば大阪まで足を運んだりと、
やたらフットワークが軽いことと、
丁寧に仕事を進め、やりきるというのが彼女の強み。

こんな完璧な感じなので、面接の時、
ほらっ!ネコかぶってないで、アホなこといってみて!
と、パワハラしてしまいました。笑

最近は緊張からくる固さも溶けてきたのか、
フワフワした乙女キャラ炸裂で、
照れる時には、
ピンク〜!
と発言をし、ジェネレーションギャップという言葉の意味を教えてくれました。



カメラを向けると、
しっかりポーズを決めてくれるあやちゃん。



写真を撮る時は、事務局まで。笑

あやちゃんをよろしくお願いします!

| 学長日記 | 17:09 | comments(0) | -
NAMO.新メンバー ルーくん
こんにちは。みっきーです!

新プロジェクト、NAMO.のメンバー
くまちゃん。
わにさん。
と、紹介してきましたが、
まだあと2人いるんですよ。

今日は3人目を紹介します!

三浦有喜(ミウラユウキ)さん
あだ名:ルー



街をまわり、地域にのこる歴史や文化を探し出し、主にブログで情報を発信してくれる、
地域コーディネーターとして頑張ってくれてます。
歴史的史跡だけでなく、その土地に伝わる話などもとても重要なので、
爽やかに街の人に声をかけ、興味深い話を聞くこともやってくれてます。

前職は、わにさんと同じようにサッカーライターをしていました。
サッカーが大好きなのかと聞けば、普通です。と応えるルー。
お前、ユニフォーム着とるやんけ!と突っ込みたくなるけど、ご愛嬌。

将来は国際ジャーナリストになるのが夢で、
戦争や宗教などで理解しあえない国同士でもスポーツでなら、
つなぐきっかけができるんじゃないかとスポーツライターをやっていたらしい。
しっかりと自分の意見を持つ25歳です。

ただ汗がすごい。
汗かきワールドカップなんてあったら、結構いいとこまでいくんじゃないか?
ということで、いつも片手にはうちわです。



とにかく笑顔が爽やか!
気さくかと思えば、そんなこともない。
どっちやねん!と突っ込みっぱなしのルーですが、
みなさんどうぞよろしくお願いします。

最後に、
サッカーやるものならコレだけは、
いつでもできるようにしておけ。と
先輩づらをきかせ、やらせてみました。



キングカズのような男になってくれ。

次は可愛い女の子です!
お楽しみに。
| 学長日記 | 15:52 | comments(2) | -
楽しくて仕方がない。という綺麗ごと。
 こんちには。みっきーです。

大ナゴヤ大学の学長としてもうすぐで半年。
どうなることかと悩みながらのスタートだったけれど
まわりの仲間や応援してくれる人がいるおかげで何とかここまでやってこれています。
本当に感謝しています。

この半年を振り返って一言どうぞ。と聞かれれば、こう答えるかな。
「楽しくて仕方がないぜー」

この間、半べそかいてたやろ!と指摘を受けたら恥ずかしいのだけれど、
本当にそう思うんです。

たしかに大変なことだらけで、こんなに頭つかうのかーと
時々オーバーヒート気味になるけれど、一方、
こんな仕事をさせてもらえる機会は誰にでもあるわけでない。と考えると、
幸せで幸せで仕方がないのです。

どんなにきつくても
意外なところから「いつも楽しみにしています」
なんて声をかけてもらえると、感動するし、力が湧いてくる。
改めて自分って単純なんだなと実感しています。


自分が楽しいと思えることを、みんなが楽しみにしてくれている。
そりゃ何でも完璧にできるスーパーマンじゃないことくらい、みんな知ってくれている。
それでもいいから、やりたいことやってくれ。と応援してくれている。
みんなに感謝を忘れることなく、下半期も走って行きます。

RCサクセションの「君は僕を知っている」


あと大ナゴヤ大学の上半期を振り返るパーティーします。
みなさんに感謝の気持ちを伝えたいです!
ぜひ遊びにきてください。


| 学長日記 | 16:04 | comments(0) | -
NAMO.新メンバーわにさん
こんにちは。学長のみっきーです。

昨日のくまちゃんに引き続き、
NAMO.メンバーの2人目を紹介します!

鰐部哲也(ワニベテツヤ)さん
あだ名:わにさん



あ、間違えた。
こちら。



ライターとして頑張ってくれてます。

スポーツをこよなく愛する照れ屋なおじさん。
特にサッカーが大好きです。
ポルトガルに6年滞在し、現地でフリーのスポーツジャーナリストをされていたという国際家!
日本人では、わにさんが唯一のスポーツジャーナリストだったそうです。



ライターという発信者として、名古屋の文化や歴史を多くの人に知ってもらうために、
毎日パソコンのカタカタというタイピング音を軽快に響かせてくれています。



9月からオープンされるホームページや、フリーペーパーを楽しみにしていてくださいね。

みなさん、少し照れ屋なわにさんをよろしくお願いします。


みっきー
| 学長日記 | 14:43 | comments(2) | -
NAMO.新メンバーくまちゃん
こんにちは。学長のみっきーです。

新プロジェクト「NAMO.」がスタートしています。
http://nagoya-namo.jp/
難しそう、馴染みがないと自分自身なかなか自分ごととして捉える事ができなかった
「歴史・文化」を今までとは違った面白かったり、おしゃれだったり、遊び心があったりと、
ユニークな出会い方によって知っていくというプロジェクトです。



そして、このプロジェクト始動にあたり新メンバーが集まってくれました。

まず1人目をご紹介しますね!

伊熊志保(イクマシホ)さん
あだ名:くまちゃん



授業コーディネーター
事務局スタッフ
として頑張ってくれてます。

体育会系で、スポーツ・アウトドア大好き。
山、海、川、なんでも来いと言ってます。
特にサーフィンが好きで、週1で海に行くのが目標らしいです。
※仕事は仕事でやりきるタイプだそう。笑



いつでも笑顔がキラキラでムードメーカーです。
人懐っこい性格で、誰からも愛されるキャラじゃないかと思っています。

おい、クマ!
と言えば、
はい、みっきーさん!
と1秒かからず返事がきます。
とてもやりやすい体育会系です。笑

早速、名古屋の歴史・文化に関わる授業づくりに
アイデアを絞って頑張ってくれてます。



うーん、あー、うーん、と
声に出しながら知恵を絞っています。



みなさん、くまちゃんをよろしくお願いしますね!


みっきー
| 学長日記 | 17:17 | comments(0) | -
面接ラッシュなも!
こんにちは、みっきーです。

7月からスタートした新プロジェクト「NAMO.」
名古屋にある文化・歴史資源をもっと身近に感じてほしいという取り組みです。



それにともない大ナゴヤ大学では、新しいスタッフの募集をしています。

有難いことに毎日すごい数の履歴書が届きます。皆さん、名古屋の街を盛り上げたいと熱い志望動機を書いてくれているので、こちらの気持ちも高ぶります!



連日の面接でいい出会いをいただいてます。来週には新しいメンバーの紹介ができると思いますので乞うご期待!

本当に楽しみです。
いい仲間と最高の仕事ができるように、事務局メンバーも必死に準備をしていますよ(^ ^)



事務局長のたかさんファイト!笑
| 学長日記 | 10:58 | comments(2) | -
マンホール話が止まらない!
こんにちは。みっきーです!

先日行われた「授業の作り方授業」のワークショップから生まれたマンホール授業のアイデア。

アイデアや面白いネタがたくさん出ていたので、本当に授業にしてたらいいじゃん!ということで、企画をねりました。

マンホールの面白いネタを出していただいたJICAで下水道の設計を行われている清水さんに事務所まできてもらいました。



色々と情報をもってきてくださいましたよ!

まずはマンホールTシャツ!
マンホールマウスパッド。
マンホールのデザイン集。
マンホールの知られざる存在意義。
マンホールの作り方。
マンホールの重要性。
最古のマンホール。
マンホール、マンホール、マンホール…。






もうマンホールが止まりません。

やはりこの方、相当のマンホール好きです。

ただ、なぜこれだけマンホールの話をするかという、かなり熱い理由がそこにはありました。

そこは授業で存分に語ってもらうことにしましょう!

やっぱりこういった面白い人の顔が見える授業は素敵だと思う。

面白い人がいたら是非、大ナゴヤ大学に紹介してくださいね。

今日の帰り道はマンホール見ちゃうだろうなー。笑

みっきー
| 学長日記 | 20:41 | comments(0) | -





goodia





CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
ARCHIVES